Intel Phantom Canyon 11 NUC、10nm以上のTiger Lake CPUおよびXe GPU詳細、最大28W CPU、最大8 GBのディスクリートグラフィックオプション

(Source:wccftech)

Intelは、Tiger Lake CPUとXe GPUを搭載したPhantom Canyonと呼ばれる一連の次世代NUCの準備を進めています。最新のNUCは、今後のNUC 11設計の完全な仕様を報告したFanlessTechによって詳述されています。

Intel Phantom Canyon NUC 11は10nm以上のTiger Lake CPUとXe GPUを搭載し、2H 2020に発売

詳細によると、2つのファントムキャニオンNUC、ファントムキャニオンNUC 11エクストリームとパンサーキャニオンNUC 11パフォーマンスがあります。両方のNUCは、主流ユーザーをターゲットにしたパフォーマンスバリアントを備えた非常に異なるケースデザインを提供しますが、極端なラインナップは、スモールフォームファクターPCで最高のパフォーマンスを望む熱狂的なユーザーをターゲットにします。

Intel Phantom Canyon NUC 11エクストリーム

Phantom Canyon NUC 11エクストリームは、IntelのTiger Lake-U 28Wプロセッサを搭載しています。NUCに搭載されているプロセッサは、Core i7またはCore i5のいずれかですが、統合されたXe GPUを使用する一方で、個別のグラフィックオプションもあります。GPUの詳細は不明ですが、6 GBまたは8 GBのグラフィックメモリを搭載したサードパーティであると言われています。Intelは、Xeグラフィックスアーキテクチャに基づいて独自の個別のグラフィックスを配置し、統合されたGPUよりもはるかに優れたパフォーマンスを可能にする可能性があります。最大64 GBのDDR4-3200 SODIMMでNUC 11 Extremeを構成できます。デュアルM.2スロット(1x 22×80 /​​ 110および1x 22×80)とPCIe x4 Gen 3 NVMeポートがあります。

その他の詳細には、LEDで点灯する象徴的な「SKULL」ロゴのある非常に未来的なデザインが含まれます。NUCを卓上またはタワーのどちらに配置しても、どちらもクールに見えます。それは前身であるスカルキャニオンとハーデスキャニオンとデザインを共有しており、どちらも45WのCPUを揺さぶりました。NUC 11 ExtremeのI / Oには、HDMI 2.0b、Mini DisplayPort、前面および背面のThunderbolt 3ポート、Intel 2.5 Gbps LAN、Intel Wireless-AX 201、IEEE 802.11ax、WiFi 6およびBluetooth 5.0が含まれます。

Intel Panther Canyon NUC 11のパフォーマンス

NUC 11のパフォーマンスは、Core i3、Core i5、およびCore i7バリアントに及ぶSKUを備えた28W Tiger Lake-U CPUも備えています。これらのCPUに搭載されたIntel Xeグラフィックチップはグラフィックサイドに電力を供給し、Extreme製品のように個別のグラフィックオプションはありません。また、I / Oは実質的に同じであり、唯一の違いは標準のNUCボックス設計です。

Tiger Lake世代のプロセッサーは、Intelの10nm Ice Lake世代に続きます。Tiger Lake CPUは、より高度な10nm +プロセスノードと改善されたアーキテクチャ設計を使用します。Tiger Lake CPUで使用されるWillow Coveコアは、Sunny Coveベースのプロセッサですべての基盤となるテクノロジを備えていますが、キャッシュ再設計、トランジスタ最適化、および強化されたセキュリティ機能も備えており、10nmプロセッサよりもはるかに優れたパフォーマンスとクロックを提供します。また、以前のIntelのスライドでは、Phantom Canyon NUCがPCIe Gen 4.0サポートを備えていることをほのめかしましたが、これは削除されたようです。両方のNUCは、今年後半に利用可能になると述べられており、ホームストリーミングの設定に追加するのは間違いなく、小さなフォームファクターのPCの市場にいる場合は、かなりクールな仕様が揺れ動きます。