AMDのSmartShiftとは?

AMD at CES in Las Vegas, Nevada, Monday, January 6, 2020.
(Photography by PaulSakuma.com Photography)

(Source:wccftech)

CES 2020で、AMDは基調講演を行い、かなりの数の新製品と製品詳細を発表しました。これらの中には、64コアCPUのThreadripper 3990X、1080pゲーミングVGAにおすすめのRX 5600XT、および新しい第3世代Ryzen 4000シリーズモバイルReniorベースプロセッサの最終仕様と価格がありました。講演の最後に、高性能で低消費電力の7nm Zen 2コアをラップトップ市場に提供する同社の新しいレベルのモバイル部品を紹介しました。また、AMDが取り組んでいる新しい技術であるSmartShift導入説明しました。しかし、SmartShiftは多くの人を混乱させ、ステージで取り上げられたときに間違った印象を与えているようです。

AMD Ryzen 4000モバイルCPU

AMD Ryzen 4000モバイルプロセッサ(「Renior」とも呼ばれます)は、CPU部分とボード上のディスクリートレベルのグラフィックスコンポーネントを搭載しているため、APUと呼ばれていましたが、これは単にCPUとして。Renoirファミリは、7nmに移行するだけでなく、Zen 2ベースのコアを利用し、利用可能なコアとスレッド数を2倍にすることで、Picassoファミリよりも改善します。彼らはVegaベースのGPUコアに固執し、利用可能な最大のコンピューティングユニットの選択を8CUモデルまで削減することを選択しました。デスクトップで使用されている7nmベースのZen 2 CPUで使用されていたチップレットプロセスを使用せずにこのチップを設計できたことは素晴らしい事です。

こで重要なのは、AMDがこの世代で利用可能なコア/スレッド数をこれまでの2倍にし、TDP15wレベル製品でも同様にするという事実です。Ryzen 4000 Uシリーズは、5つのVega CUを搭載したRyzen 3 4300Uを使用して控えめな4コア/4スレッドレベルとして起動し、1.8 GHzベースクロックで8コア/16スレッドを搭載したRyzen 7 4800Uまで至ります。8つのVega CUとともに4.2 GHzへのブーストクロックも搭載しています。また、低電力部品だけではなく、高性能のHシリーズもあり、TDP45w Ryzen 5 4600Hは、6コア/12スレッドで、3.0GHz→4.0GHzブースト機能を搭載。6つのVega CUと組み合わせ、45w Ryzen 7 4800Hは、2.9GHz→4.2GHzで 7つのVega CUを搭載します。

SmartShift

まず、SmartShiftが何でなく、それがヘテロジニアスシステムアーキテクチャまたはHSAの一種であることを明確にしたいと思います。リャノが紹介されて以来、私はAPUのシーンを追い続けてきました。なぜなら未来は結局融合だからですよね?A10 7850Kが準備されていたとき、HSAについて多くのことを聞くことができました。そして、それが最終的にCPUとGPUを結合してワークロードだけでなく相互間でメモリを共有する方法を聞きました。共有ワークロードとGPUアクセラレーションのメリットがありますが、これはここでは行われていません。

AMD SmartShiftは、AMDのRobert Hallockと座ってCESでもう少し話し合うことができました。あるコンポーネントが他のコンポーネントを支援する方法であると誤解していましたが、実際には、モバイルフォームファクターにおいて、あるコンポーネントが他のコンポーネントの邪魔にならないようにしています。これは厳密にハードウェアベースの制御手段であり、シリコンレベルで機能するため、OSの選択は問題ではないため、上の画像はプロセスで何が起こっているかを説明するために非常に重要です。プラットフォームコントロールはここですべてのハードワークを行っていますが、何をしているのでしょうか?メーカーがラップトップコンポーネントを冷却する非常に一般的な方法は、共有ヒートパイプ配置を使用することです。これは、両方のコンポーネントが完全に動いているときに、組み合わせた熱が対処するのが面倒になるため、どちらかを冷却するのに効果的ですがどちらかで走った強度のレベルを制御する何かがあったでしょうか?IntelおよびNVIDIAベースのソリューションでは、両方ともアクティブなときに得られるすべての電力を必要とします。負荷に基づいて増減しますが、AMD CPUとGPUが同じ冷却ソリューションと電源を共有している場合は、独自に連携できます。古いAPUセットアップに戻ると、GPUアクセラレーションワークロードがアクティブになると、CPUをはるかに低いクロック速度に下げて、CPUの絶対最大電力を確保するときに、チップのCPUとGPU部分の間に少しの電力バランス差がありました。それが常にその処理をする最良の方法であるとは限りませんでした。Raven RidgeとPicasso CPUに早送りすると、その問題はもう発生していません。オーバークロックで負荷をかけない限り、ソケットの電力制限内に収まる小さなバランスがまだ残っていることを確認してください。しかし、その原理を採用して、アイデアの一つとして、専用のRX 5000シリーズGPUとともにRyzen 4000シリーズCPUに適用できるとしたらどうでしょう。プラットフォームコントロール(PC)は、ワークロードをオンザフライで測定しており、ワークロードが正確な瞬間に基づいて、PCが最も必要としているコンポーネントに電力をシフトして、より高いブーストを可能にします。これにより、CPU部分のパフォーマンスが大幅に向上し、ゲームなどのタスクがGPU側のパフォーマンスを向上させます。一例として、ゲームをプレイしていて、CPUが35%の使用率で3.5GHz、GPUが100%の使用率に達しているとした場合、システム全体の熱/電力の制約のためにフルスピードに達していない場合CPUに動的に引き戻し、GPUの利用可能な電力を増やして、全体的なエクスペリエンスとパフォーマンスを向上させることができます。PCIe Gen 4.0 AMDのトピックで説明されている以前のインタビューからの注意事項は、iGPUとdGPUが同時に動作できないことを明確にしました。 。

AMDは、これにより、場合によっては、すでにバランスが崩れているアプリケーションでパフォーマンスを10%以上向上できることを発見しました。これは、すべてのAMDベースのシステムに排他的に提供される独自のオプションです。別の専用GPUベンダーとペアリングすると存在しなくなるため、Ryzen 7 4800HおよびRTX 2060を搭載している場合、その方法のため不可能で、コンポーネントは連携して動作します。これは、AMDが今後数か月間、さらにパッケージの優位性を提供できる可能性があるため、AMDが大きく活用しようとするものであると考えています。