AMD Ryzen 4000 Renoirは、Ice Lake Gen 11 GPUよりも高速

(Source:wccftech)

一連の新しいAMD Ryzen 4000 シリーズであるRenoir APUベンチマークが3DMarkデータベースに登場し、IntelのGen 11 GPUを搭載したIce Lakeに対して非常に強力なグラフィックパフォーマンスを示しています。新しいベンチマークは、さまざまなオンラインデータベースからこれらの隠された宝石を掘り出すことで信じられないほどの仕事をしているTUM_APISAKとROGAMEによって発見されました。

AMD Ryzen 4000「Renoir」APUの7nm Vega GPUは、さまざまなグラフィックスベンチマークでIntel Ice LakeのGen 11 GPUを勝る

私たちの報道ではAMD Ryzen 4000シリーズRenoirファミリーについて、AMDが提供したベンチマークでは、第2世代Piccasoラインナップを超えるグラフィックス性能の巨大な増加を得たことを見つけました。両方のプロセッサラインアップは基本的に同じVegaグラフィックスアーキテクチャを備えていますが、新しい7nmデザインで大幅に強化されています。AMDのRobert Hallock氏は、7nmによりAMDがVegaコアの全体的なパフォーマンスを拡大し、個々のコンピューティングユニット(CU)のパフォーマンスを最大59%向上できることを明らかにしました。7nmプロセスノードにより、AMDは12nmよりも高いGPUクロック(最大17%高い)をプッシュできるようになり、新しいパワーシフトと同様のパワー強化により、以前のVega iGPUよりも優れたパフォーマンスを実現できます。

Robert Hallock氏はまた、私たちが長い間求めてきた「なぜRenoirにNaviが掲載されなかったのか」質問に答えました。これに対して、Robertは、スケジュール的にラインナップしなかったと答えたが、AMDのCEOであるLisa Su博士自身が確認したように、将来的にはナビを搭載したAPUファミリーが最終的に登場するだろうと答えています。今回のベンチマークにて、4800Uと4700Uの3DMarkとUserBenchmarkからいくつかの結果があります。

3DMark 11では、Ryzen 7 4800Uは、Iris Proグラフィックス搭載のIntel Core i7-1065G7よりも10%高速です。Ryzen 7 4700Uは、低ティアチップでありながら約2%高速です。CPU Physicsの結果では、Ryzen 7 4800Uは最大30%高速ですが、これは主に周波数とコア/スレッドの数が多いためです。ただし、これは別のベンチマークのように急速に変化します。Corei7-10750Hは、クロック速度が45%高く、TDPの数値も高いにもかかわらず(45W対15W)、Ryzen 7 4800Uよりも15%しかリードしていません。2つの異なるRyzen 7 4800Uの結果を示す別のベンチマークもあります。ハイエンドのものは、グラフィックスで20%のリード、CPUパフォーマンスで7%のリードを持ち、25W cTDP(Configurable TDP)ラップトップデザインを示している可能性があります。

Ryzen 7 3700Uと比較して、Ryzen 7 4800Uは、グラフィックパフォーマンスが25%向上し、CPUパフォーマンスが65%向上しています。さらに、Picassoチップよりも高い効率を実現しています。UserBenchmarkスコアに移ると、AMD Radeon Vega GPUがIntel Iris Plusグラフィックチップを最大34%上回るパフォーマンスで同様の結果を示しています。Ryzen 4000 APUのNaviは非常に素晴らしかったはずですが、AMDは7nmでの2回目のVegaでグラフィック部門の信じられないほどの仕事に取り組んでいます。

AMD Ryzen 4000 ‘Renoir’ Mobility Processors Specifications

Processor NameCores / ThreadsBase ClockMax Boost ClockGPU CUs / SPsTDP
AMD Ryzen 9 4900H8/16TBDTBDTBD45W
AMD Ryzen 7 4800H8/162.9 GHz4.2 GHz8 / 51245W
AMD Ryzen 5 4600H6/123.0 GHz4.0 GHz6 / 38445W
AMD Ryzen 7 4800U8/161.8 GHz4.2 GHz8 / 51215W
AMD Ryzen 7 4700U8/82.0 GHz4.1 GHz7 / 44815W
AMD Ryzen 5 4600U6/122.1 GHz4.0 GHz6 / 38415W
AMD Ryzen 5 4500U6/62.3 GHz4.0 GHz6 / 38415W
AMD Ryzen 3 4300U4/42.7 GHz3.7 GHz5 / 32015W

これにより、2020年第1四半期に出荷される予定のRyzen 4000 APUベースのラップトップが2020年中に100以上のモデルで出荷されることが期待されます。AMDのRyzen 4000モビリティとIntelの10nm +ベース今後数ヶ月でTiger Lakeファミリーのベンチマークを提供します。お楽しみに。