AMD Radeon RX 5950 XTフラッグシップVGAの情報

(Source:wccftech)

AMDのハイエンドのラインナップはかなり長い間不在でした。同社はすぐに既存のNaviシリーズGPUに追加するかもしれません。最近、謎のRX 5950XTがEEC認定 (Komachi via Videocardz) を発見し、すでに非常に強力な「Big Navi」GPUの待ち望んでいたカードのRadeon RX 5950 XTの詳細があります。

AMD Radeon RX 5950XT Navi GPUファミリーがEECファイリングでオンラインにて発見

実際、EECファイリングでは、Radeon RX 5950XT(フラッグシップ)、Radeon RX 5950、Radeon RX 5900、およびRadeon RX 5800の 4つの新しいGPUに言及しています。これは、少なくとも3つのタイプを持つNavi GPUです。これがほぼ2.5年前に私たちに約束された「Big Navi」であり、AMDファンが待ち望んでいたハイエンドカードをです。一方、これは同社が用意した新しいダイであり、これらのグラフィックカードはRX 5800シリーズよりも明らかに強力ですが、それでも「Big Navi」ではない可能性があります。

これ以上苦労することなく、AFOX Corporation(AMD Radeonのアドインボードパートナー)が提出したEECファイルのスクリーンショットを以下に示します。

グラフィックカードが関係するAMDからの少なくとも4つ発売を検討していることを考えると、最近見たOpen VR参入者はこれらの1つである可能性が高いです。命名法により、RX 5950 XTは、(既にリリースされたRX 5700など)よりもはるかに強力であり、関係する手順を実行すると、これが非常に強力なカードになることがわかります。

ただし、AMDがラインナップ上、欠落している価格帯の一部を埋めることは明らかであり、その場合、既存のRX 5700シリーズの値下げを検討する可能性があります。今後のグラフィックカードは7nmプロセスに基づいており、RDNAマクロアーキテクチャを使用して製造されます。これらのカードでは、レイトレーシングもネイティブでサポートされる予定です。これは、NVIDIAのフラッグシップであるRTX 2080 Tiを少なくとも15%高性能であるようです。AMDのCEOであるLisa Su博士は先日のCESで、ハイエンドのRadeon RX Navi GPUを約束しました。また、AMDはレイトレーシングをサポートするためにハードウェアレベルの統合を備えた第2世代RNDAアーキテクチャを特徴とする2020ディスクリートGPUラインナップのレイトレーシングに多大な投資をしていると述べました。第2世代RDNA Navi GPUに期待される機能は次のとおりです。

  • 最適化された7nm +プロセスノード
  • マニア向けのデスクトップグラフィックカードオプション
  • ハードウェアレベルのレイトレーシングのサポート
  • GDDR6とHBM2グラフィックスカードの組み合わせ
  • 第一世代Navi GPUよりも電力効率が高い

AMDのGPU側は過去数年にわたってかなり不振であり、CPU側はカムバックの1つの地獄を作りましたが、Radeonが再び輝く時間です。私が思い出した最後の印象的な打ち上げはハワイであり、RX 5950 XTは、GPU側のAMDの競争力を再起動できるように見えます。競合他社よりもプロセスの優位性を備えており、NVIDIAが高価なTuringチップでコーナーに戻ったことで、これはAMD Radeonが再び輝く最大の機会の1つです。