NVIDIA 3月GTC 2020で7nmAmpereGPUを発表へ

(Source:wccftech)

これまで使用したことのない情報からからヒントを得ました。ソースは新しいものですが、過去に少なくとも一度は正しいことが証明されており、現時点で公開する価値があると考えています。私たちの情報源は、NVIDIAが2020年3月のGTC中にAmpereグラフィックカードを発表する予定ということです。

3月にGTC 2020でNVIDIAがAmpereベースのグラフィックスカードを発表

Ampereのグラフィックカードや2020年の下半期の発売日という情報は初めてではありませんが、リークの対象としてGTC 2020を得たのは初めてです。GTCはNVIDIAの最高のゲーミングテクノロジーショーであり、カンファレンス中に新しいAmpereラインナップを公開することは非常に理にかなっています。メインのGPU生産委託先であるTSMCからは何も聞いていませんが、Samsungの7nm EUVノードの生産は問題なく、実際、Ampereのグラフィックスカードに利用できます。あるいは、すべてのベースをカバーするためだけにこれを追加すると、NVIDIAは同じプロセスノードに留まりながら、アーキテクチャの改善を進めることを選択できます。NVIDIAは歴史的にローンチを秘密にしておくことに非常に長けており、Ampere GPUフロントでどのノードを使用するかに関わらず、次世代のグラフィックスカードが重要な役割を果たすことを確信し、これまでのものからステップアップします。

アナリストは、2020年下半期の発売日も確認しています:

火曜日、 サスケハナ・フィナンシャル・グループの アナリスト、 クリストファー・ローランド は、任天堂のビデオゲーム機の好調な売上を挙げて、Nvidiaの株式に対するポジティブな評価を繰り返しました。Nvidiaはゲーム機用のチップを製造しています。「Nvidiaは、DC [データセンター]、Switch [ニンテンドーコンソール]、および高いGPU [グラフィックスプロセッシングユニット]接続率(ラップトップ/デスクトップ)の改善による追い風の可能性があるため、かなりの時間で最も合理的なStreetの予想に直面すると思います。次の9か月間に7nm [ナノメートル]の大規模な打ち上げが行われます」と彼は書いています。(Source)

NVIDIAは、2020年中に独自の7nmに移行することを決定したようです。9か月は約3四半期に相当し、2020年に発売されると、まず第3四半期の収益に影響を感じ始めます。言い換えれば、NVIDIAはゆっくりと、しかし確実に、Jensenに切望された記録的な四半期を達成するために前進しています。

これまでの情報

NVIDIAのAmpere GPUがEEC認定を取得した情報はありますが、それ以降は何も出てきませんでした。しかし、現在、暫定的なスケジュールがあります。2020年に発売される予定です。NVIDIAがRTXの哲学を継続し、Ampereで次のレベルに引き上げる可能性が高いのです。現在、Turing GPUは、ライトから中程度のパスレイトレーシングワークロードの1080p 30 fpsでレイトレーシングが可能です。Ampere GPUはさらに先へ進むことができます。

サムスンの7nm EUVプロセスに基づいているという事実は、パフォーマンスの優位性と電力効率の優位性を検討していることを意味します。それだけでなく、信じられないかもしれませんが、実際には、7nm EUVは、標準のUVマルチパターニング作業よりも製造が容易であると考えられています。EUVは、会社が新しい光源に移行する際の難易度曲線の一種のリセットと考えてください。ただし、これには大規模なリツーリングが必要になりますが、経済規模からみてほぼ確実に価値があります。NVIDIAはTSMCの最大の顧客の1つであり、ほぼ現代のゲームテクノロジーのスタート時期から忠実な後援者となっています。彼らが実際にサムスンの7nm技術への移行を計画している場合、それは会社だけでなくTSMCにも影響を与えるでしょう。ここで起こっている可能性のあることは2つあります。Samsungが金銭的により良い取引を提供しているか、NVIDIAにSamsungの7nm技術が優れていると信じる理由があります。これが当てはまる理由の1つは推測できます。Samsungのプロセスは7nmEUVです。現在、TSMCの7nmプロセスは、EUVノードが計画されているもののEUVに基づいていません。つまり、サムスンのEUVプロセスは、TSMCベースのプロセスよりも目標を達成するのに適しているという理由があることです。もう1つの潜在的な理由は、TSMCが大量のボリュームを提供できず、Apple Inc.のような優先順位を決して付けないことです。一方、Samsungの工場は十分な能力を備えており、Samsung Electronicsが巨大企業であることを考えると、歩留まりの問題においてもお金を投じて消滅させることができます。すべてを考慮すると、サムスンはNVIDIAと同様に野心的な企業にとって論理的なパートナーです。現在、Intelの工場の能力に大きな疑問符があり、TSMCが食い止めているため、SamsungはNVIDIAが活用できる唯一の最先端の工場ということになります。