AMD 未発表のRadeon RX GPUがOpenVRベンチマークに登場し、NVIDIA GeForce RTX 2080 Tiを最大17%上回る

(Source:wccftech)

少なくともVRベンチマークでは、NVIDIAのGeForce RTX 2080 Tiよりもはるかに高速であるように見えています。AMDのsubredditで、未発表のAMD Radeon RX GPUが発見されました。AMD Ryzen 7 4800Hプロセッサーと並んで発見されたGPUには最終的な名前がないので、今年の夏に販売予定とみられるハイスペックのNavi GPUと推定されます。しかし、プロトタイプまたは初期のエンジニアリングサンプルである可能性大です。

未発表のAMD Radeon RX GPUが登場し、NVIDIA GeForce RTX 2080 Tiを17%上回るこれが待望のビッグNaviか?

グラフィックカードはOpenVR Benchmarkデータベースに登場し、驚いたことに、AMD Renoirモビリティプロセッサ製品ラインの一部であるAMD Ryzen 7 4800Hプロセッサーで構成されるセットアップでテストされています。開発とエンジニアリングのサンプルは奇妙な設定でテストされるので、そうである可能性が高いです。より驚くべき詳細はこのカードが提供できるパフォーマンスの数値です

1512×1680の解像度のCyubeVRベンチマークとHTC Vive MV(90 Hz)HMDを比較すると、未発表のGPUは103.32 FPSを記録し、同じリーダーボードで最速のNVIDIA GeForce RTX 2080 Tiは88.10 FPSです。これは、デスクトップ市場向けのNVIDIAの主力グラフィックスカードよりもパフォーマンスから17%向上しています。

画像クレジット:AMD subreddit

現在、これはVR固有のベンチマークであり、NVIDIA GeForceグラフィックスカードは、ソフトウェアスタックの最適化が改善されているため、AMDのGPUよりもVRタイトルで強力なリードを保持していることがわかります。しかし、ここではまったく逆のシナリオを検討しています。問題は、これが実際にAMD Navi GPUベースのRadeon RXグラフィックスカードである場合、このVRベンチマークで紹介されたものと同じパフォーマンスを従来のAAAタイトルに持ち越すことができるかどうかです。RTX 2080 Tiよりも最大10-20%高速なNaviカードを見ることができれば、AMDをハイエンドのマニア向けグラフィックセグメントに復活させることができ、本当に印象的です。AMDのCEOであるLisa Su博士は先日、ハイエンドのRadeon RX Navi GPUを約束しました。Lisaはまた、AMDがレイトレーシングをサポートするハードウェアレベルの統合を備えた第2世代RNDAアーキテクチャを特徴とする2020年の個別GPUラインナップのためにレイトレーシングに多大な投資をしているとも述べました。第2世代RDNA Navi GPUに期待される機能は次のとおりです。

  • 最適化された7nm +プロセスノード
  • 愛好家向けのデスクトップグラフィックカードオプション
  • ハードウェアレベルのレイトレーシングのサポート
  • GDDR6とHBM2グラフィックスカードの組み合わせ
  • 第一世代Navi GPUよりも電力効率が高い

とはいえ、AMDのハイエンドRadeon RX Navi GPUは、Navi 10の最大2倍の速度で、大規模なダイサイズとGDDR6メモリを搭載できる という最近のうわさを既に認識しています。次世代のAmpere GeForce GPUは、ハードウェアレベルの変更によりレイトレーシングのパフォーマンスを大幅に向上させながら、現在のTuring GPUよりも50%高速かつ2倍効率的である可能性があるという報告もあり  ます。全体として、これにより2020はハイエンドGPUの発売にとって非常に興味深いものとなり、NVIDIAとAMDの両方が今年いくつかのハイエンドのグラフィックカードを提供することが期待できます。Computex 2020の頃に発表を予定しています。