NVIDIA次世代7nm GPUはTSMCが大量の注文を獲得、サムスンのEUVの役割は小さい

(Source:wccftech)

中国蘇州で開催されたGTC 2019の期間中、NVIDIAのCEOは、次世代7nm GPUの大部分の注文はTSMCによって処理され、Samsungは以前に報告されたよりも小さな役割しか果たさないという報道に応えました。

TSMCがNVIDIAの次世代7nm GPU注文の大部分を受注-CEO Jensen Huang

情報は、メディアのQ / Aセッションで、CEOのJensen Huangが次世代の7nm GPUの注文の大半でTSMCを選択し、Samsungは少数の注文のみと述べました。NVIDIAのCEO  Jensen Huangは、彼の会社が過去にTSMCと密接な関係を持ち、TSMCが以前の16nm(Pascal)および12nm(Volta / Turing)GPUを生産してきたと述べました。NVIDIAは、TSMCの12nmプロセスノード上に構築され、競合する7nmプロセスベースの製品よりも優れた効率とパフォーマンスを提供するTuring GPUアーキテクチャも強調しました。NVIDIAのCEO Jensen Huangはまた、TSMCとその高度なプロセス技術がなければ、彼らはそれほど成功しなかった、TSMCとNVIDIAのパートナーシップは非常に重要であると述べました。これはNVIDIAが次世代GPUの開発のためにSamsungの7nm EUVプロセスノードを利用していたという以前の主張に反論しているように見えますが、完全にはそういうことではありません。Jensen Huang は、TSMCよりも少ない数ではあるが、Samsungには注文すると述べています。以前、NVIDIAがSamsungのノードでエントリーレベルのモビリティとデスクトップGPUを生産しています。

NVIDIA’s next-generation 7nm GPU, which is expected to be called Ampere, will be bringing a big leap in overall graphics performance and power efficiency.

Pascal世代のGP107 GPUはSamsungによって生産され、Pascalの残りのラインナップはTSMCによって生産されました。Turingのラインナップは完全にTSMCの12nm FinFETプロセスノードに基づいていましたが、NVIDIAのCEO Jensen HuangがSamsungには少量であるが発注すると述べているので、エントリーレベルのものか、Orion SOCであって集積次世代7nm GPUの可能性があります。

私たちは、全体としてのアーキテクチャであるかどうかにかかわらず、構築する作業に常に忙しく、データセンター全体として、ゲームであれプロのビジュアルであれ、さまざまな市場の多くに役立つ傾向があります。心配は無用です。私たちは常に最新のテクノロジーに取り組んでいます。当社の革新とプロセス技術は、ここ数年で例外的に躍進しています。これからをどうぞ楽しみにしておいてください。将来的にはいつでもあなたのために何か役立つものを持っていますが、私たちの全体的なロードマップと新しい発表の時には、みんなを驚かせたいと考えています。– NVIDIA CFO, Colette Kress (Via)

最後に、CEO Jensen Huangは、次世代7nm GPUの発売時期について尋ねられましたが、現時点では予定を開示するのに都合のよい時期ではないと答えました。NVIDIAのCFOであるColette Kressの最近のインタビューから、彼らは7nm GPU発表でみんなを驚かせたいと思っていますが、そうするための適切なタイミングを待っています。CES 2020が終了すると、NVIDIAが2020年に製品化するもののヒントを得ることができます。多くのゲームや愛好家の観客が、Turing GPUであるNVIDIAの次世代をしばらく待っていたことを知っています。Ampereというコードネームであることが期待されており、最近の憶測が示しているように、12nm Turingを超える大きなアップグレードになるでしょう。Intel、NVIDIA、AMDの3つのベンダーすべてから本格的なGPUラインナップが提供されるため、これにより2020年はさらにエキサイティングになります。