AMD Radeon RX 5500 XT最大2.1 GHzへOC可能?!

(Source:wccftech)

Igor’sLabにいる私の友人Igorがすごいものを投稿しました。ユーザーが数週間前に投稿したカスタム電源プロファイルと同様に、Igor’s communityは、ユーザーがAMD Radeon RX 5500 XTおよびRX 5700 XTカードを最大2.1 GHzに空冷にてオーバークロックできるツールを作成しました!Igor’sは、ツールを最大2.2 GHzまでテストしており、ほぼすべてのカードがMPT(ツール)を使用して2 GHz以上の数値を達成できるはずだと言っています。

AMD Radeon RX 5500 XTは、MPT(ツール)を使用して2.1GHz OCを達成可能

AMDの別のファインワインエピソードでは、Radeon RX 5500 XT所有者がGPUからさらに多くのパフォーマンスを引き出すことができるMorePowerToolを開発したコミュニティがあります。RX 5500XT(ここでのレビューを読むことができます)は通常1875 MHzにオーバークロックすることができますが、1900MHzは、従来のツールを使用して超えることは困難です。ただし、MPT(ツール)を使用すると、ほとんどのカードで2 GHzを簡単に超えて2.1 GHzを達成できます。高品質のダイであれば2.2 GHzに達します。一番良いところは、これらはすべて、7nmプロセスの使用により空冷仕様で達成可能なところです。苦労することなく、2.1 GHzで動作するRX 5500XTのスクリーンショットを次に示します。AMD Wattmanを使用すると、ほとんどのカードで1980 MHzを達成できますが、MPT(ツール)はさらに進化します。ほぼすべてのユーザーがさらに100 MHzプラスである、速度を2.1 GHzまで上げることができます。同じツールを使用してRX 5700 XT GPUをオーバークロックすることもできます。MPT(ツール)は、SoftPowerPlayTablesを記述し、GPUで利用可能な電力を増やすことで機能します(つまり、AIBで規定されているようにTDPの制限をほぼ確実に超えるので、GPUを強化する必要があります)。1850 MHzから2080 Mhzに移行すると、ほぼ12%増加します。これはAMDにとってさらに魅力的な価値の提供をするための改善に役立つはずです。7nmプロセスはここで本当に輝いており、より良い物理プロセスを持つことの利点が見え始めています。AMD Radeon RX 5500 XTは、7nmセグメントにおけるAMDの最新製品です。NVIDIAのGeForce GTX 1650 SUPERとの戦いに参加したRX 5500 XTは、アップグレードされたTuring製品だけでなく、現在割引価格で販売されている、パフォーマンス値に対して非常に優れたRadeon RX 590とも競合します。AMD Radeon RX 5500 XTには1408ストリームプロセッサが搭載されているため、カードには22 CUまたはコンピューティングユニットが搭載されています。また、1670 MHzベース、1717 MHzゲーム、1845 MHzブーストクロックの定格クロック速度の88 TMUと32 ROPを搭載しています。このカードは、110Wで最大5.19 TFLOPの計算パフォーマンスを提供します。カードには、8 GBおよび4 GB GDDR6メモリオプションがあります。カードに搭載されているメモリは128ビットのバスインターフェイスで動作し、224 GB / sの帯域幅を提供します。