Intel Comet Lake-S CPU向け Z490マザーボードは2020年4月に発売予定

(Source:wccftech)

Intelの次世代Z490マザーボードは、第10世代Comet Lake-S CPU用になります。今回のニュースでは、2020年4月に登場すると予想されています。HKPEC業界のインサイダーから詳細を受けており、新しいチップセットを期待している人メジャーアップデートになります。

Intel Z490マザーボードが2020年4月に第10世代Comet Lake-S CPUとともに発売

400シリーズチップセットファミリーの一部として、Z490チップセットはハイエンドボードデザインに搭載されます。W480(ワークステーション)、B460(ビジネス)、H410(エントリレベル)など、他のチップセットもあります。Z490チップセットのみに焦点を当て、Intelの第10世代プロセッサのコードネームであるComet Lake-Sに付随するメインローンチになる予定です。数日前に、さまざまなIntelパートナーからのいくつかのZ490シリーズボードがリークされていましたが今回具体的な時期が示されたものになります。

以下は、第10世代のComet Lake-Sファミリーの主要なプラットフォーム機能の一部です。

  • パフォーマンスを強化するための最大10個のプロセッサコア
  • ポートの柔軟性のための最大30 PCH-H高速I / Oレーン
  • 最大40個のPCIe 3.0レーン(16 CPU、最大24 PCH)
  • プレミアム4Kコンテンツをサポートするメディアおよびディスプレイ機能
  • 統合+ディスクリートIntel Wireless-AC(Wi-Fi / BT CNVi)のサポート
  • Intel Wi-Fi 6(Gig +)サポート
  • 拡張されたコアとメモリのオーバークロック
  • 統合USB 3.2 Gen 2×1(10 Gb / s)サポート
  • Intel Rapid Storage Technology(Intel RST)
  • プログラマブル(Open FW SDK)クアッドコアオーディオDSP
  • モダンスタンバイのC10およびS0ixサポート

Intel 10th Generation Comet Lake-Sファミリーは、最初に9つのSKUを使用して起動し、後でさらに多くのSKUを使用します。これらは、Xeon W、Core i9、Core i7、Core i5、Core i3、Pentium、およびCeleronパーツに分割されます。驚いたことに、IntelはComet Lakeファミリー用に2つの異なるチップレイアウトを持っています。10コアと8コアのバリエーションは、Comet Lake-S 10 + 2ウェーハに基づいており、残りの部分はComet Lake-S 6 + 2ウェーハに基づいています。予想されるラインアップ全体は、以下の表で見ることができます。

Intel 10th Gen Core Comet Lake Desktop CPU Family

CPU NameCores / ThreadsBase ClockBoost ClockCacheTDPPrice
Intel Core i9-10900K10/203.4 GHz5.2 GHz20 MBTBDTBD
Intel Core i9-1090010/203.0 GHz5.1 GHz20 MB65WTBD
Intel Core i9-10900T10/202.0 GHz4.5 GHz20 MB35WTBD
Intel Core i7-10700K8/163.6 GHz5.1 GHz16 MBTBDTBD
Intel Core i7-107008/163.0 GHz4.8 GHz16 MB65WTBD
Intel Core i7-10700T8/162.0 GHz4.4 GHz16 MB35WTBD
Intel Core i5-10500K6/12TBDTBD12 MBTBDTBD
Intel Core i5-105006/123.2 GHz4.3 GHz12 MB65WTBD
Intel Core i5-10500T6/122.3 GHz3.7 GHz12 MB35WTBD
Intel Core i3-10100K4/8TBDTBD8 MBTBDTBD
Intel Core i3-101004/83.2 GHz3.8 GHz8 MB65WTBD
Intel Core i3-10100T4/82.3 GHz3.6 GHz8 MB35WTBD
Intel Pentium G64002/43.8 GHz3.8 GHz4 MB65WTBD
Intel Pentium G6400T2/43.2 GHz3.2 GHz4 MB35WTBD
Intel Celeron G59002/23.2 GHz3.2 GHz2 MB65WTBD
Intel Celeron G5900T2/23.0 GHz3.0 GHz2 MB35WTBD

Intel 400シリーズプラットフォームおよびLGA 1200ソケットのサポート

これにより、400シリーズプラットフォームと新しいLGAソケットに関連する次のトピックに進みます。Intelは、来年にも導入される400シリーズのマザーボードを備えた新しいソケットに実際に移行していることが確認されています。LGA 1200ソケットの寸法はLGA 1151ソケット(37.5mm x 37.5mm)と同じですが、ソケットのキーイングは左側に移動し、Comet LakeはCoffee Lakeマザーボードと電気的または機械的に互換性がなくなりました。

Comet Lake用の新しいLGA 1200パッケージとソケットの詳細

  • Comet Lakeは、より高いピンカウントのパッケージに移行します
  • Lake LGA Comet Lakeには、レガシープラットフォームとの下位互換性はありません
  • ILMの寸法や熱ソリューションの保持に変更はありません
  • Lake LGA Comet Lakeは、電力供給を改善し、将来のインクリメンタルI / O機能をサポートします
  • ピン1の向きは同じままですが、ソケットキーイングは左にシフトしています

良い点は、既存のクーラーがLGA 1200ソケットと互換性があるため、心配する必要がありません。Comet Lake-Sファミリは、DDR4-2666メモリUDIMMのサポートを維持し、チャネルあたり最大32 GBの容量のDIMMをサポートします。

Intelは、400シリーズファミリにいくつかのチップセットを展開する予定です。上記の「K」ロック解除SKUをターゲットとするZ490があることは明らかですが、それ以外に、W480(エントリーワークステーション)、Q470(Intel vProを搭載した企業)、およびH410(バリュー)チップセットを検討しています。これらは、より多くの企業およびエントリー層のユーザーをターゲットにします。また興味深いのは、H410がW480およびQ470チップセットとピン互換性がないことです。これにより、エントリレベルのチップの非常に削減された設計が明らかになります。

Intel 400-Series Chipset Family

Chipset NameIntel Z490Intel W480Intel Q470Intel H410
Total HSIO Lanes46 Lanes (16 CPI + 30 PCH)46 Lanes (16 CPI + 30 PCH)46 Lanes (16 CPI + 30 PCH)30 Lanes (16 CPI + 14 PCH)
Total PCIe 3.0 Lanes (CPU + PCH)Up To 40 (16 CPU +Up To 40 (16 CPU +Up To 40 (16 CPU +22(16 CPU + 6 PCIe 2.0)
Chipset PCIe 3.0 LanesUp To 24Up To 24Up To 246 (PCIe 2.0 Only)
SATA 3.0 PortsUp To 8Up To 8Up To 64
Maximum USB 3.2 Ports Gen 2 (10 Gb/s) / Gen 1 (5 Gb/s)8/108/106/100/4
Tota USB Ports (Maximum USB 3.2 Gen 1 (5 Gb/s))14 (10)14 (10)14 (10)10 (4)
Intel RST Technology For PCIe 3.0 storage ports3 PCH3 PCH3 PCH0
eSPI2 Chip Select2 Chip Select2 Chip Select1 Chip Select
Overclocking SupportYesN/AN/AN/A
Processor PCIe Express 3.0 Lanes Configuration1x16 or 2x8 or 1x8 + 2x41x16 or 2x8 or 1x8 + 2x41x16 or 2x8 or 1x8 + 2x41x16
Display Support (Ports / Pipes)3/33/33/33/2
DMI 3.0 Lanes4444 (DMI 2.0 Only)
System Memory Channels / DPC2/2 (DDR4-2666)2/2 (DDR4-2666)2/2 (DDR4-2666)2/1 (DDR4-2666)

チップセットの機能に関しては、W480はここで言及されている3つのチップセットの中で最も機能が豊富です。Z490はマニアとゲームのオーディエンスにとって最も魅力的ですが、メインストリームチップセットを見てみましょう。W480チップセットは、合計46の高速IOレーンと合計40のPCIe Gen 3.0レーンを提供します。CPUは最大24のPCIe 3.0レーンを提供するチップセットで16レーンを保持します。

最大8個のSATA IIIポート、8個のUSB 3.2 Gen 2ポート、または10個のUSB 3.2 Gen 1ポート、14個のUSB 3.2 Genポート、Intel RSTがサポートされます。Z490チップセットに制限されているため、3つのチップセットのいずれもオーバークロックサポートを備えていませんが、オーバークロックの詳細については、Intelから後で入手できます。