AMD Radeon BoostがAMD Adrenalin 2020 Editionで登場

(Source:wccftech)

AMDは12月にRadeon Softwareにより多くの機能を搭載することを計画していたことを10月に報告しました。12月が来たばかりで、Radeon RX 5500XTカードの発売が間近に迫っています。私たちはそのレポートでそのドライバーに何が搭載されるのか少し推測しましたが、TwitterのRedditとBlaze、および信号ブースティングのVideocardzのおかげで、少なくとも新しい機能の1つの名前があります「Radeon Boost」です。。キャッチフレーズ「Turbocharge Your Game」は、この設定を使用するとパフォーマンスが向上することを明確に示していますが、それはいったい何なのだろう?

Videocardsは、Radeon BoostがHiAlgo Boostに基づいている可能性があるという推測について説明します。HiAlgoBoostは、ゲーム内の解像度をオンザフライで調整してGPUの負担を軽減し、ゲームカメラが動いているときにフレームレートを上げるプロキシを使用、カメラが停止すると、最大解像度に戻るというものです。これはモーションブラーと組み合わせて、解像度の低下を隠し、ゲームをよりスムーズに実行し続けることができます。これは信じられないシナリオではありません。RadeonChillの形で開発を見てきたように、AMDがHiAlgoを使用するのは初めてではないからです。これが模倣できる別のオプションがあります。これは、Trixx Boostを備えたTrixxソフトウェアの最新バージョンでSapphireが提案したものです。Trixx Boostはプロセスほど洗練されておらず、Radeon Image SharpeningとResolution Scalingを併用してゲームの解像度を下げる機能に依存していますが、RISを使用してシャープネスの一部を取り戻そうとしています。これは、AMDが「ブースト」パフォーマンスのワンクリックソリューションとして以前に展開したものの、2つの利用可能なNaviベースのVega 8および11グラフィックスカードのみに制限されていたように見えるかもしれません。しかしRISをサポートしているため処理可能で、さらには、2つの異なる方法を組み合わせることもできます。