パソコンに関する情報をお伝え

menu

BTOパソコン-Fan

Intel Comet Lake-S 14nmデスクトップ10コア&6コアES CPUベンチマーク

(Source:wccftech)

Intelが第10世代のComet Lake-Sデスクトップを準備する際、よくあるエンジニアリングサンプルで実行されたパフォーマンステストなど、いくつかのリークがありました。Intel Comet Lake-Sデスクトップファミリーは、より高速な周波数を提供するために強化された14nmプロセスノードを再び搭載する予定ですが、第9世代を超える最大の改善は、すべてのSKUにマルチスレッドを追加することです。

Intel Comet Lake-S 10コア&6コアデスクトップCPUのテストにてより多くのスレッドがより高いマルチスレッドパフォーマンスを実現

前回のリーク以来、Intel Comet LakeデスクトップCPUファミリに関する報告はほとんどありません。しかし、Momomo_UsおよびKomachi_Ensakaによるいくつかの調査により、Comet Lake-S 10コアおよび6コアパーツの新しいパフォーマンスの情報がもたらされました。Core i9およびCore i5ファミリーで紹介されています。

Intel Comet Lake-S 10コア/ 20スレッドコアi9 ESデスクトップCPU

テストされたすべてのComet Lakeデスクトッププロセッサは、初期のエンジニアリングサンプルですが、GenuineIntel Family 6 Model 165の一部でありComet Lake-Sベースです。最初のサンプルは、ステッピング1を特徴とする10コアと20スレッドのCore i9モデルです。ベース周波数は1.51 GHzで、最大ブースト周波数は3.19 GHzです。このチップは、Geekbench 4のシングルコアで4074ポイント、マルチコアパフォーマンステストで 25962ポイントを獲得しています。

これは、両方の成績でCore i9-9900XおよびCore i9-9900KSよりも低くなっていますが、これは、初期のES品であるが為です。また、このチップはHP Pavilion 23オールインワンPCに搭載されており、必ずしも最適な冷却機能を備えているとは限らないためです。もう1つのリストは、SiSoftwareデータベース内にある10コアと20スレッドチップ用です。このチップには、20 MBのL3キャッシュとともに、2.60 GHzのより高いベースクロックがあります。このテストもOEMビルドセットアップ(Acer Predator Orion PO5-615s)からのものですが、HPのテストとは異なり、これはAIOではなく、完全なデスクトップグレード(フルタワー)セットアップです。

Intel Comet Lake-S 6コア/ 12スレッドコアi5 ESデスクトップCPU

次に、12 MBのL3キャッシュを備えた6コアおよび12スレッドのCore i5チップのエントリがあります。最後に、Core i5モデルは、AMDの支配的なRyzen 3000プロセッサのラインナップや、主流市場を席巻しているより激しいRyzen 5チップとの競争に必要な、マルチスレッドをサポートしています。

6コアCore i5チップ用にSiSoftwareで作成されたすべてのエントリは、3.00 GHzのベースクロックを備えています。データベースで報告される最大ブースト速度は3.9 GHzであり、既存のCore i5よりもかなり低いため、これは別のエンジニアリングサンプルであることがわかります。チップにはいくつかのエントリがありますが、最も顕著なのは、SuperMicro(SUPERO)およびASRockのZ490チップセットベースのマザーボードです。Z490プラットフォームは、第10世代のComet Lake-S CPUとともに起動するため、データベースにリストされているのは非常に興味深いものです。

UserBenchmarkのエントリは、ASRockのZ490M ITXマザーボードで最近作成されたため、さらに興味深いものです。UserBenchmarkリストは、3.5 GHzのベースクロックと4.1 GHzのブーストクロックを報告します。ここでも、Core i5-9600Kと比較して、Comet Lake-S 6コアパーツは、期待するすべての分野でわずかに遅いです。

6コアチップは、Geekbench 4のHP Pavilion 23 AIO PCでもテストされ、クロックが2.00 GHzベースで、ステップ0で2.90 GHzブーストが報告されました。チップは、シングルコアで3667ポイント、マルチコアで15843ポイントのスコアを提出しましたOpenCLテストでは32576ポイント。これらのスコアは、マルチスレッドのサポートを備えた第10世代のパーツにもかかわらず、Core i5-9600Kよりもはるかに低くなっています。ここでも、すべてのエンジニアリングサンプルの場合と同様に、クロックが問題になります。

Intelの第10世代Comet Lake-SデスクトップCPUファミリについてわかっていること

Intel第10世代デスクトッププロセッサフ​​ァミリは、Comet Lakeとして知られています。メインストリームデスクトップファミリの公式コードネームであるLake-S彗星は、洗練された14nm ++プロセスノードに基づいています。このファミリは、主力のCore i9-9900KSの発売を先日行った。Intelの第9世代Core CPUファミリに代わるものです。Intelの10nmプロダクションはまだ大量展開には適していないため、Intelはそれをスキップしますが、最近では、2020年に10nmデスクトッププロセッサがリリースするとIntelは主張しています。

以下は、第10世代のComet Lake-Sファミリーの主要なプラットフォーム機能の一部です。

  • パフォーマンスを強化するための最大10個のプロセッサコア
  • ポートの柔軟性のための最大30 PCH-H高速I / Oレーン
  • 最大40個のPCIe 3.0レーン(16 CPU、最大24 PCH)
  • プレミアム4Kコンテンツをサポートするメディアおよびディスプレイ機能
  • 統合+ディスクリートIntel Wireless-AC(Wi-Fi / BT CNVi)のサポート
  • Intel Wi-Fi 6(Gig +)サポート
  • 拡張されたコアとメモリのオーバークロック
  • 統合USB 3.2 Gen 2×1(10 Gb / s)サポート
  • Intel Rapid Storage Technology(Intel RST)
  • プログラマブル(Open FW SDK)クアッドコアオーディオDSP
  • モダンスタンバイのC10およびS0ixサポート

Intel 10th Generation Comet Lake-Sファミリは、最初に9つのSKUを使用して起動し、後でさらに多くのSKUを使用します。それらは、Xeon W、Core i9、Core i7、Core i5、Core i3、Pentium、およびCeleronパーツに分割されます。驚いたことに、IntelはComet Lakeファミリ用に2つの異なるチップレイアウトを持っています。10コアと8コアの製品は、Comet Lake-S 10 + 2ウェーハに基づいており、残りの部分はComet Lake-S 6 + 2ウェーハに基づいています。Intelのスライドによると、第10世代のComet Lakeファミリは、第9世代のプロセッサと比較してマルチスレッドコンピューティングワークロードのパフォーマンスが18%向上し、一般的なWindowsワークロードの第9世代の部品よりも8%向上します。

Intel 10th Gen Xeon Comet Lake Desktop CPU Family

CPU NameCores / ThreadsBase ClockBoost ClockCacheTDPPrice
Intel Xeon vPro 10+210/203.1 GHz5.1 GHz20 MB80WTBD
Intel Xeon vPro 10+210/202.0 GHz4.6 GHz20 MB35WTBD
Intel Xeon vPro 8+28/163.2 GHz4.8 GHz16 MB80WTBD
Intel Xeon vPro 8+28/163.2 GHz4.4 GHz16 MB35WTBD
Intel Xeon vPro 6+26/123.5 GHz4.7 GHz12 MB80WTBD
Intel Xeon vPro 6+26/122.4 GHz3.8 GHz12 MB35WTBD

前に予想されたように、すべての第10世代コアSKUはマルチスレッドサポートを備えています。Core i9ラインアップは10コアと20スレッド、Core i7ラインアップは8コアと16スレッド、Core i5ラインアップは6コアと12スレッド、Core i3ラインアップは4コアと8スレッドを取得します。Pentiumのラインナップは、2つのコアと4つのスレッドでマルチスレッドをサポートします。これにより、マルチスレッドのサポートを受け取らず、2コアと2スレッドに制限されるCeleronラインナップは除外されます。「K」ロック解除されたSKUのいずれもリストに記載されていないことがわかります。つまり、それらは後でリリースされます。「K」ロック解除SKUのTDPは非Kモデルよりも高く、Z490チップセットでのサポートを特徴とし、より主流を狙った非KチップはW480、Q470、およびH410を対象とすることに注意してください。

Intel 400シリーズプラットフォームおよびLGA 1200ソケットのサポート

これにより、400シリーズプラットフォームと新しいLGAソケットに関連する次のトピックに進みます。Intelは、来年にも導入される400シリーズのマザーボードを備えた新しいソケットに実際に移行していることが確認されています。LGA 1200ソケットの寸法はLGA 1151ソケット(37.5mm x 37.5mm)と同じですが、ソケットのキーイングは左側に移動し、Comet LakeはCoffee Lakeマザーボードと電気的または機械的に互換性がなくなりました。

Comet Lake用の新しいLGA 1200パッケージとソケットの詳細

  • Comet Lakeは、より高いピンカウントのパッケージに移行します
  • Lake LGA Comet Lakeには、レガシープラットフォームとの下位互換性はありません
  • ILMの寸法や熱ソリューションの保持に変更はありません
  • Lake LGA Comet Lakeは、電力供給を改善し、将来のインクリメンタルI / O機能をサポートします
  • ピン1の向きは同じままですが、ソケットキーイングは左にシフトしています

良い点は、既存のクーラーがLGA 1200ソケットと互換性があるため、心配する必要がありません。Comet Lake-Sファミリは、DDR4-2666メモリUDIMMのサポートを維持し、チャネルあたり最大32 GBの容量のDIMMをサポートします。

Intelは、400シリーズファミリにいくつかのチップセットを展開する予定です。上記の「K」ロック解除SKUをターゲットとするZ490があることは明らかですが、それ以外に、W480(エントリーワークステーション)、Q470(Intel vProを搭載した企業)、およびH410(バリュー)チップセットを検討しています。これらは、より多くの企業およびエントリー層のユーザーをターゲットにします。また興味深いのは、H410がW480およびQ470チップセットとピン互換性がないことです。これにより、エントリレベルのチップの非常に削減された設計が明らかになります。

Intel 400-Series Chipset Family

Chipset NameIntel Z490Intel W480Intel Q470Intel H410
Total HSIO Lanes46 Lanes (16 CPI + 30 PCH)46 Lanes (16 CPI + 30 PCH)46 Lanes (16 CPI + 30 PCH)30 Lanes (16 CPI + 14 PCH)
Total PCIe 3.0 Lanes (CPU + PCH)Up To 40 (16 CPU +Up To 40 (16 CPU +Up To 40 (16 CPU +22(16 CPU + 6 PCIe 2.0)
Chipset PCIe 3.0 LanesUp To 24Up To 24Up To 246 (PCIe 2.0 Only)
SATA 3.0 PortsUp To 8Up To 8Up To 64
Maximum USB 3.2 Ports Gen 2 (10 Gb/s) / Gen 1 (5 Gb/s)8/108/106/100/4
Tota USB Ports (Maximum USB 3.2 Gen 1 (5 Gb/s))14 (10)14 (10)14 (10)10 (4)
Intel RST Technology For PCIe 3.0 storage ports3 PCH3 PCH3 PCH0
eSPI2 Chip Select2 Chip Select2 Chip Select1 Chip Select
Overclocking SupportYesN/AN/AN/A
Processor PCIe Express 3.0 Lanes Configuration1x16 or 2x8 or 1x8 + 2x41x16 or 2x8 or 1x8 + 2x41x16 or 2x8 or 1x8 + 2x41x16
Display Support (Ports / Pipes)3/33/33/33/2
DMI 3.0 Lanes4444 (DMI 2.0 Only)
System Memory Channels / DPC2/2 (DDR4-2666)2/2 (DDR4-2666)2/2 (DDR4-2666)2/1 (DDR4-2666)

チップセットの機能に関しては、W480はここで言及されている3つのチップセットの中で最も機能が豊富です。Z490はマニアとゲームのオーディエンスにとって最も魅力的ですが、メインストリームチップセットを見てみましょう。W480チップセットは、合計46の高速IOレーンと合計40のPCIe Gen 3.0レーンを提供します。CPUは最大24のPCIe 3.0レーンを提供するチップセットで16レーンを保持します。

最大8個のSATA IIIポート、8個のUSB 3.2 Gen 2ポート、または10個のUSB 3.2 Gen 1ポート、14個のUSB 3.2 Genポート、Intel RSTがサポートされます。Z490チップセットに制限されているため、3つのチップセットのいずれもオーバークロックサポートを備えていませんが、オーバークロックの詳細については、Intelから後で入手できます。

 

 

 

Intel Core i9-10900 / 10コア /20MBキャッシュ
AmazonRakuten
Intel Core i9-10900K / 10コア /20MBキャッシュ
AmazonRakuten
Intel Core i3-9100 / 4コア / 6MB キャッシュ
AmazonRakuten
Intel Core i5-10400 / 6コア /12MBキャッシュ
AmazonRakuten
Intel Core i5-9400 / 6コア / 9MBキャッシュ
AmazonRakuten
Intel Core i5-9600K / 6コア / 9MBキャッシュ
AmazonRakuten
Intel Core i7-10700 / 8コア /16MBキャッシュ
AmazonRakuten
Intel Core i7-10700K / 8コア /16MBキャッシュ
AmazonRakuten
Intel Core i7-9700 / 8コア /12MBキャッシュ
AmazonRakuten
Intel Core i7-9700K / 8コア /12MBキャッシュ
AmazonRakuten
Intel Core i9-9900 / 8コア /12MBキャッシュ
AmazonRakuten
Intel Core i9-9900K / 8コア /12MBキャッシュ
AmazonRakuten

ASUS TUF Gaming ゲーミングモニター VG259Q 24.5インチ フルHD IPS 144Hz 1ms
AmazonRakuten
ASUS TUF Gaming ゲーミングモニター VG27AQ 27インチ WQHD HDR IPS 165Hz 1ms
AmazonRakuten
ASUS ゲーミングトライバンド WiFi ルーター GT-AX11000
AmazonRakuten
BUFFALO WiFi 無線LAN ルーター WXR-5950AX12 Wi-Fi6
AmazonRakuten
CFD販売 内蔵SSD M.2 2280 NVMe PCI-E Gen.4 x 4(NVMe 1.3) PG3VNFシリーズ 1TB CSSD-M2B1TPG3VNF
AmazonRakuten
CFD販売 内蔵SSD M.2 2280 NVMe PCI-E Gen.4 x 4(NVMe 1.3) PG3VNFシリーズ 2TB CSSD-M2B2TPG3VNF
AmazonRakuten
CFD販売 内蔵SSD M.2 2280 NVMe PCI-E Gen.4 x 4(NVMe 1.3) PG3VNFシリーズ 500GB CSSD-M2B5GPG3VNF
AmazonRakuten
MSI 27インチ 16:9 フルHD 165Hz eスポーツ アンチフリッカー FreeSync Premium Optix MAG271R
AmazonRakuten
MSI 31.5インチ 16:9 WQHD 144Hz 湾曲パネル アンチフリッカー FreeSync Premium Optix MAG321CQR
AmazonRakuten
Samsung SSD 1TB 970 EVO Plus M.2 Type2280 PCIe3.0×4 NVMe1.3 (MZ-V7S1T0B/EC)
AmazonRakuten
Samsung SSD 250GB 970 EVO Plus M.2 Type2280 PCIe3.0×4 NVMe1.3 (MZ-V7S250B/EC)
AmazonRakuten
Samsung SSD 2TB 970 EVO Plus M.2 Type2280 PCIe3.0×4 NVMe1.3 (MZ-V7S2T0B/EC)
AmazonRakuten
Samsung SSD 500GB 970 EVO Plus M.2 Type2280 PCIe3.0×4 NVMe1.3 (MZ-V7S500B/EC)
AmazonRakuten
SilverStone 1000W 80PLUS PLATINUM ATX電源 SST-ST1000-PTS
AmazonRakuten
SilverStone 1200W 80PLUS PLATINUM ATX電源 SST-ST1200-PT
AmazonRakuten
SilverStone 550W 80PLUS PLATINUM ATX電源 SST-ST55F-PT
AmazonRakuten
SilverStone 650W 80PLUS PLATINUM ATX電源 SST-ST65F-PT
AmazonRakuten
SilverStone 750W 80PLUS PLATINUM ATX電源 SST-ST75F-PT
AmazonRakuten
Western Digital SSD 1TB WD Blue SN550 PC M.2-2280 NVMe WDS100T2B0C-EC
AmazonRakuten
Western Digital SSD 250GB WD Blue SN550 PC M.2-2280 NVMe WDS250G2B0C-EC
AmazonRakuten
Western Digital SSD 500GB WD Blue SN550 PC M.2-2280 NVMe WDS500G2B0C-EC
AmazonRakuten

このサイトについて

最新BTOパソコンや最新パーツの情報を発信するつもりのブログです。

アーカイブ