NVIDIA 7nm(GPU)の発表でし皆を驚かせたい

(Source:wccftech)

NVIDIAは先日行われたCredit Suisse Annual Technology Conference 2019でプレゼンテーションを行いました、ここでの興味深い情報が数多くありました。7nmロードマップについて尋ねられたとき、会社は変わった反応を示しました。この件については、私たちの発表で人々を驚かせたいと述べたのです。NVIDIAはまだTSMCから再パッケージ化された16nm FFプロセスである12NFFノード上にあり、多くの人がライバルのAMDがすでに行っている7nmへの移行をいつするのか疑問に思っています。

NVIDIAは7nm GPU発表で皆を驚かせたい

Credit Suisseカンファレンスからより多くの情報があるので、これはかなり短い記事になるでしょう。歴史が何らかの兆候である場合、会社が公式発表を行う前に、今後のGPU情報が漏れてしまいます。Turingは歴史上最もひどくリークされたローンチの1つであり、Jensenでさえステージ上でそれについて冗談を言った。7nmへのシフトは、かなり似ていると思いますが、まだ情報を聞いたことがないので、アナリストが次の質問をしたことは驚くことではありませんでした。

あなたはテーブルに持っていくソフトウェアIPを強調し、シリコンIPを少し強調しないかもしれませんが、私は半導体アナリストであり、最近スーパーコンピューティング2019がありました。 7 nmへのシリコンロードマップの理解を深めます。さらに重要なことは、顧客にもたらすソリューション全体にとって、プロセステクノロジーはどれほど重要なことでしょうか。

この質問に対するNVIDIAの答えは次のとおりです。

全体としてのアーキテクチャであるかどうかにかかわらず、全体のアーキテクチャを構築する作業に常に忙しく、ゲームやプロ用ビジュアルなど、データセンター全体のさまざまな市場に役立つ傾向があります。心配する事は何もありません、私たちはこれらのテクノロジーに取り組んでいます。当社の革新とプロセス技術は、ここ数年で飛躍的に向上しています。お楽しみにしておいてください。将来的にはいつでもあなたのために何かを持っていますが、私たちの全体的なロードマップと新しいイベントが発生したときにはみんなを驚かせたいです。今、より重要なもの、つまり全体的な処理と全体的な開発ソフトウェアの観点から焦点をあてています。PowerPointで注目している多くの人々が、プロセッサ全体で見られる全体的なパフォーマンスと競合しようとしていることがわかります。私たちのプロセッサは、どの業界であっても一流であるだけでなく、現在のノードでも近い将来でも継続的に改善できます。アーキテクチャのすべてにおいて、開発サイクルを継続し、既存のノードを選択するか、将来のノードにするのか総合的な観点から熟慮して、市場に投入する方が良いでしょう。アーキテクチャをどのように市場に投入するかという点では、私たちの運営方法にすぎません。したがって、これは非常に重要な要素になります。全体的な処理能力を向上させるために、ノードを変更するかどうかはノードだけの問題ではないのです。しかし、この上でのソフトウェアの全体的な開発により、エコシステムと、業界とハイパースケールの両方との幅広いリーチが可能になりました。AIの進歩と加速の進歩が見られるスピードで、彼らはその全体、つまり開発を変更する能力を必要としています。プログラミングする能力が必要です。そうしないと、投資を回収するのが非常に難しくなります。プラットフォームのフルエンドを使用せずにGPU全体を購入することで得られる投資収益率は、GPUにとって非常に役立ちます。-Colette Kress、CFO、NVIDIA

これは非常に興味深い回答であり、多くの人はこれを無回答と呼びますが、NVIDIAはアナリストへの完全に受け入れられる回答と見なされる範囲で、驚きの発表に対する熱意を強調したことを面白いと感じています。同社はまた、既存の12NFFの前線でできる仕事がまだあると述べました。これは、NVIDIAが少なくとも1つ以上の製品の発売のために12NFFノードにとどまることを検討していることを考えれば、多くの眉をひそめたはずです。