AMD Ryzen Threadripper 3970X 32コア

(Source:wccftech)

AMD Ryzen Threadripperシリーズのこれまでの製品では、大量のコアと2倍のスレッドが搭載されました。第一世代のRyzen Threadripperシリーズは、狂気の16コア/32スレッドをRyzen Threadripper 1950Xで提供しました。これは、HEDT市場では見たことのないものでした。競合のIntelは、直後にCore i9- 7980XEという18コア/36スレッドを販売しました。続いて、AMDはRyzen Threadripper 2990WXプロセッサで32コア/64スレッドを特徴とするThreadripperラインナップの第2弾をリリースしました。Intelは最善を尽くそうとしましたが、AMDが提供できたコア数に追いつくことができませんでした。Intelは、Xeon W-3175Xとして知られる28コアと56スレッドチップしか提供できていません。さらに、AMDはコア数戦争だけでなく、32コアチップの価格がIntelの主力製品に比べて1000ドル安くしたので、価格競争にも勝ちました。先日、AMDはRyzen Threadripperファミリーの第3弾を正式に発表しました。AMDは、Zen +よりも最大15%優れたIPCを提供し、RomeのAMDの第2世代EPYCラインナップで最初に導入された独自のチップレットアーキテクチャを備えた7nm Zen 2コアを利用して、Threadripperパーツのパフォーマンスを向上させています。本日発売される2つのパーツは、Ryzen Threadripper 3970Xと3960Xです。このレビューでは、AMD Ryzen Threadripper 3970XをASRock TRX40 Taichiマザーボードでテストします。

AMD Threadripper対Intel Core-単なるコア戦争以上のもの

このレビューを始める前に、2017年の初めからAMDとIntelの間で起こっているコア戦争の概要のおさらいです。2017年以前は、Intelが製造した4コアのメインストリームと8/10コアのハイエンドデスクトップの更新が毎年行われていました。AMDが大きな脅威をもたらさなかったため、Intelも本ゲームのトップにいました。当時AMDのZenはまだ開発中だったのです。それでは、IntelはHEDT分野のリーダーからAMDのメインストリームチッププラットフォームにどのように覇権を奪われたのでしょうか。この問題についてインテルの14nmへの依存が長期間になった事に起因します。第7世代Core-XシリーズからIntelのHEDTラインナップは入りました。2017年には、AMD HEDTのラインナップはなく、Intelは市場で最先端のHEDT提供者でした。第1世代のThreadripperが翌夏に販売開始され、AMDがIntelをコア数競走で優位に立ちます。Intelの問題は、AMDに対抗するプラットフォームを持っていなかったことではなく、今後10年間、フラッグシップのHEDT部品として10コア/ 20スレッドチップを提供し続けたいという傲慢な考えにありました。Intelには、Ivy Bridge世代では12コア/24スレッド、Haswell世代では18コア/36スレッド、Skylake世代でも同じコアを提供するテクノロジーがありました。しかし、彼らは市場を支配していることを知っていたので、すぐにHEDTスペースを革新する必要性があると考える理由がわかりませんでした。

HEDT & Mainstream Segment Core/Thread Count Race

Year20162017201820192020
AMD HEDTなし16 / 3232 / 6432 / 6464 / 128
Intel HEDT10/2018 / 3618 / 3618 / 36
28 / 56 (Xeon W-3175X)
18 / 36
28 / 56 (Xeon W-3175X)
AMD Mainstream8/88/168/1616 / 3216 /32
Intel Mainstream4/86/128/168/1610/20

しかし、悪夢を見たIntelは、早い段階で実行する為にXeonCPUをHEDTへ投入すべく動きますが、時間的猶予がなく失敗します。Intelの最初のCore-Xラインナップは混乱していたため、Intelの 3世代が最初のXシリーズラインナップで問題を修正するだけに留まりました。Threadrippersの3年間もこの瞬間に築き上げられてきました。IntelがXシリーズのラインナップを修正している間、AMDは市場とマインドシェアの両方の面で成長し、利益を上げるために価格を引き上げ始める前に、市場シェアの獲得と口コミの広がりを考慮し利益を犠牲にする必要があります。AMDのThreadrippersは、IntelのCore Xプロセッサがサーバーレベルの資格に合格しなかったXeonチップを再利用する方法と同様に、再利用されたEPYCチップです。これは、Intelが以前に検討できた場合、HEDTラインナップをそれほど面倒にしない別の要因でした。AMDは、ThreadripperパーツのEPYCラインアップと同じコアカウントを提供して、利益率を削減することを望んでいました。Intelは、今後数年間で、AMDのRyzen Threadripperコア数がEPYCラインナップと一致するという事実を軽視していたかもしれません。これは、AMDの戦略勝ちというべきものでしょう、第1世代のThreadripperはEPYC Naplesのコア数の半分で、1年後に発売された第2世代が32コアすべてを提供しました。これは、第3世代で変化していますThreadripper 3990Xは、トップエンドEPYCチップと同じ64コアを搭載します。MDはまた、Intelにとって代わって、HEDT市場のリーダーになっていますが、同時に、このプラットフォームが停滞することはありません。AMDは最終的に、Intelが応答する次のトピックである回答を持っていることを認識しているため、Intelがそれらに取り組むたびにハイグラウンドに留まり、競争がないときに利益を最大化しようとしています。これは、第3世代のThreadripperの価格からわずかなヒントを得ることができます。AMDは価格を緩和しており、Intelだけが責任を負っているように見えます。