AMD Navi 23 2020年HWレイトレーシングをサポート?!

(Source:wccftech)

AMDは、Navi 23という次世代GPUコードを準備中で、来年発売予定です。このNavi 23 GPUについては、今年8月の早い時期に技術分野でリークされていました。

AMD Navi 23 GPUが最初にハードウェアレイトレーシングをサポート

最近のLinuxドライバーのおかげで、Navi 23は、AMDがTSMCの7nm +プロセスノードとRDNA2ゲーミンググラフィックマイクロアーキテクチャで構築している3つの異なるGPUの1つにすぎず、その他はNavi 21とNavi 22があることがわかりました。AMDが登録した数多くの特異な特許と業界のリークは、AMDの公式ロードマップに基づいて、第2世代のRadeon DNAアーキテクチャは、ハードウェアアクセラレーションレイトレーシングを完全にサポートする最初の製品です。

この情報源によると、Navi 23のみが内部的に「NVIDIA Killer」と呼ばれています。これは、Navi 23が、RTX 2080とRTX 2080 Tiが現在競合していないハイエンドセグメントでNVIDIAとの競争を勝ち抜く大きなNavi GPUだと言われているからです。ただし、これは単なる噂です。この情報が本当である場合、間違いなくハイエンドグラフィックス市場にも競争発生し、付加価値を与えてくれます。しかし、NVIDIAのAmpereは次のステージに進んでおりTuringからかなり大きな飛躍をもたらします。

RDNA2 Navi 23 GPUが来年ハイエンドでNVIDIAとの競争激化

これまでに聞いたことすべてに基づいて、Navi 23は2020年にハイエンドセグメントで競合する大型GPUになります。完全なハードウェアアクセラレーションレイトレーシングと、多数の新しいアーキテクチャの改善が期待されています。

最近公開されたいくつかの特許で、次のようなことがわかっています。

  • 可変レートシェーディング
  • より効率的な混合精度の計算
  • よりスマートで高速なキャッシュ
  • 永続的な計算とクロックあたりの命令の増加
  • その他の多くの改良点の中でより高速なクロック速度のためのより高度な電圧調整

AMDのCEOであるLisa Suは、同社の最新の決算報告で、来年の次世代製品の焦点はプロセスノードではなくアーキテクチャにあると名言しています。5nmはプライムタイムの準備が整うまでに数年かかり、7nmはかなり長い間ここにあります。AMDはすでにプロセス移行の最も困難な部分を過ぎ、新しいノードで最初の製品セットを市場に投入することに成功しています。同社は今年、Ryzen 3000シリーズとNaviでこれを行いました。エンジニアは、より大きなアーキテクチャの変更に集中できるようになりました。それは来年、CPUとGPUの両方の分野で確認できることです。Navi 10は比較的小さなGPUであり、7nmテクノロジー上でさらに大きく強力なGPUを作成する余地があります。秘策は、定義された250Wの電力から可能な限り多くのパフォーマンスを引き出すための電力管理になります。Navi 10は、その比較的小さなサイズで高電力GPUです-251mm²の大きさ(RX 5700 XT)で、545m²の大きなTU104(RTX 2080)と同じくらいの電力を使用します。そして、AMDにとっての本当の挑戦はアーキテクチャの電力効率をNVIDIAと同等に近づけることで、ハイエンドだけでなく、来年のNVIDIAの新しい7nm Ampereグラフィックカードのラインナップと競合することで本当のチャンスが生まれます。一つ確かなことは、2020年はエキサイティングなものになるだろうし、CPUとGPUの両方の市場がどのように変化するのか楽しみです。

 AMD 400 SeriesAMD 500 SeriesAMD RX 5000 SeriesTBA
ArchitecturePolarisPolaris / VegaNavi RDNA1Navi RDNA2
Process NodeGF 14nm LPPGF 14nm LPPTSMC 7nmTSMC 7nm+
MemoryGDDR5GDDR5 / HBM2GDDR6TBA
GPUsPolaris 10 & 11Polaris 20, 21, & Vega 10Navi 10 & 14Navi 23,22 & 21
Year2016201720192020