Intel Core i9-10980XE(Cascade Lake-X)ベンチマーク

(Source:techpowerup)

Intelの新しいフラッグシップHEDTプロセッサであるCore i9-10980XEの最初のレビューがWebで公開されました。 Lab501.roは、新しく作られたi9-10980XEを手に入れ、テストベンチを行いました。「Cascade Lake-X」シリコンをベースにしたi9-10980XEは、「Skylake-X」とほぼ同じIPCを提供しますが、AIを加速するDLBoost命令セット、改良されたマルチコアブースティングアルゴリズム、高速クロック、そして最も重要なことは、コアあたりの価格パフォーマンスが2倍になったことです。18コアのi9-10980XEは、レンダリングおよびシミュレーションテストで12コアのRyzen 9 3900Xを上回っていますが、それほどではありません。おそらく、競合するAMDチップがより高速なオールコアブーストで速度を維持できることと思われます。7-zipやMediaなどのメモリ帯域幅を必要とするテストでは、Intelはコアにデータセットをより速く提供できるクアッドチャネルメモリインターフェイスによりリードを拡大します。ゲームおよびゲーム関連の3Dベンチマークに移行すると、i9-10980XEは3DMark Physicsテストで3900Xをわずかに上回る程度です。

この特定のテストで、未リリースの16コア3950Xがi9-10980XEを破っているというものです。ゲームは依然としてコア数が少なく、クロック速度が速いメインストリームデスクトッププロセッサの強みであり、ゲームを処理するのに十分な能力を持っている一方で、i9-9900Kが大幅に高速化しています。