CPU

AMD Ryzen 5000 Cezanne Mobility APUが発見され、RenoirおよびZen 3 CPUコアよりもさらに速いVegaGPUを搭載

(Source:wccftech)

AMD Ryzen 5000 APU(コードネームCezanne)は、モビリティセグメント向けに来年発売される予定です。初期のリークは、Cezanne世代のAPUがより高速なVegaグラフィックスとともに真新しいZenコアアーキテクチャを提供し、Sisoftwareのデータベースへのリークされたエントリがこの情報を検証するようだと指摘しています。

AMD Ryzen 5000 CezanneモビリティAPU、Renoir Ryzen 4000 APUよりも高速なVegaグラフィックスを搭載へ

リークされたエントリはRogameによって発見され、「Celadon CZN Renoir」プラットフォームの一部であるAPUはベンチマークスイートでテストされています。このAPUがCPU仕様の観点から何を収容するかについての具体的な詳細はありませんが、GPUの詳細は明確に言及されています。特定のCezanneAPUは、ラップトップ/ノートブックセグメントの一部です。グラフィックス側には、Vegaグラフィックスアーキテクチャの拡張バージョンに基づく8つのコンピューティングユニットが搭載されています。各コンピューティングユニットには、合計512のストリームプロセッサを構成する64のストリームプロセッサが搭載されています。これは、既存の主力製品であるRyzen 4000 ‘Renoir’ APUと同じコア数です。最も興味深い部分は、すべてのノートブックRyzen 4000シリーズAPUよりも100 MHz高いクロック速度です。

AMD Ryzen 7 4800UおよびRyzen 9 4900Hは、拡張7nmプロセスノードに基づく8つのVega CUを備えていますが、1750 MHzでクロックされます。特定のCezanneAPUのVega GPUは、1850 MHzのクロックを備えており、Renoir APUよりも100 MHz高くなっています。いくつかのパフォーマンスメトリックがありますが、報告されたクロックに基づいて、CezanneAPUはRyzen 4000 Renoir APUより約5%高いTFLOPを提供します。ただし、このリークがどれだけ早いかを考えると、最終的な製品ではGPUのクロック速度がさらに高くなる可能性があります。AMDのRyzen 4000 RenoirデスクトップAPUは、GPU部分のクロック速度が2100 MHzに達しており、さらに高速にオーバークロックできます。最終的な結果は、個別のグラフィックソリューションを必要とせずに、PlayStation 4 SlimおよびXbox One Sよりも高速なグラフィックパフォーマンスを提供するラップトップになります。

AMD CPU Roadmap (2018-2020)

Ryzen FamilyRyzen 1000 SeriesRyzen 2000 SeriesRyzen 3000 SeriesRyzen 4000 SeriesRyzen 5000 Series
ArchitectureZen (1)Zen (1) / Zen+Zen (2) / Zen+Zen (3) / Zen 2Zen (4) / Zen 3
Process Node14nm14nm / 12nm7nm7nm+/5nm?5nm
High End Server (SP3)EPYC 'Naples'EPYC 'Naples'EPYC 'Rome'EPYC 'Milan'EPYC 'Genoa'
Max Server Cores / Threads32/6432/6464/128TBDTBD
High End Desktop (TR4)Ryzen Threadripper 1000 SeriesRyzen Threadripper 2000 SeriesRyzen Threadripper 3000 Series (Castle Peak)Ryzen Threadripper 4000 Series (Genesis Peak)Ryzen Threadripper 5000 Series
Max HEDT Cores / Threads16/3232/6464/12864/128?TBD
Mainstream Desktop (AM4)Ryzen 1000 Series (Summit Ridge)Ryzen 2000 Series (Pinnacle Ridge)Ryzen 3000 Series (Matisse)Ryzen 4000 Series (Vermeer)Ryzen 5000 Series (Warhol)
Max Mainstream Cores / Threads8/168/1616/32TBDTBD
Budget APU (AM4)N/ARyzen 2000 Series (Raven Ridge)Ryzen 3000 Series (Picasso Zen+)Ryzen 4000 Series (Renoir Zen 2)Ryzen 5000 Series (Cezanne Zen 3)
Year2017201820192020/2021?2021/2022?

次世代のRyzen 5000CezanneAPUについて

これまでのところ、Ryzen 5000「Cezanne」APUの設計のみが確認されており、前回のレポートで述べたように、Cezanne世代のAPUは、Vega GPUアーキテクチャを再利用しながら、新しいZen 3 CPUアーキテクチャを前進させます。Cezanneファミリは、2020年4月以降ノートブックでリリースされ、今後数か月でデスクトップAM4プラットフォームにデビューするAMDのRenoirRyzen 4000 APUファミリに代わるものです。Cezanneファミリは、新しいコアテクノロジと強化されたコアテクノロジの両方を利用しながら、モビリティおよびデスクトッププラットフォームをFP6およびAM4パッケージに依存します。新しいコアはCPU側でZen 3の形で融合され、コードネームがVermeerであるRyzen 4000デスクトップCPUにも採用されます。Zen 3デスクトップCPUは、モビリティおよびデスクトッププラットフォーム向けのZen 3 APUよりも早く発売され、CES 2021前後に発表され、その後数か月以内に適切に発売されます。

すべてのプラットフォームでのCezanneAPUラインナップのGPU側は、引き続きVegaグラフィックスを使用します。この特定のVegaGPUは、Ryzen 4000の「Renoir」APUで見られるようになった7nm iGPUのさらに拡張されたバージョンになります。最初のA0シリコンはVega 20 GPUを特徴としています。これもGPUの内部コードネームです。計算ユニットの数とは関係ありませんが、20個のCUが付属していると考えると、同じパッケージサイズでは実際には不可能です。AMDのRadeon VII GPUにもVega 20 GPUが搭載されており、Vega 20シリーズが7nm GPU IPに基づいているのに対し、Vega 10シリーズは14nm GPU IPに基づいていることが主な原因です。

Renoirが同じGPU IPを使用していることは、Ryzen 3000 APUに搭載されていた元のVegaコアよりもCUあたりのパフォーマンスが大幅に向上したVega GPUの7 nm拡張バリエーションです。概して、次世代のZen 3コアがCPU側にも大きなパフォーマンスの向上をもたらす一方で、グラフィックス側にもかなりの向上が期待できます。

 

 

関連記事

  1. CapFrameX 1.6.6は、Intel Core i9-1290…

  2. Intel Core i5-13600K 14Core Raptor …

  3. Intel は、LN2 オーバークロックした Raptor Lake …

  4. Intel Key note Ice Lake、Lakefield…C…

  5. AMD Ryzen Threadripper 3960X vs Int…

  6. Ryzen 3 3100とRyzen 3 3300XのCCX構成は大き…

  7. Coffee Lake(Kabylake-R)は、現行のKabylak…

  8. マインクラフトPC版の推奨スペック MODあり なし

  9. メインストリーム ラップトップ向け 14 コア Intel Meteo…

  10. Intel Lunar Lake CPUは2024年後半に限定供給で発…

  11. AMD Ryzen 9 3900XT、Ryzen 7 3800XT、R…

  12. Intelが6月にもCoffee Lake-Sに8コア製品を投入?!

PAGE TOP