Intelの10nm Xe GPUベースのデスクトップ向けグラフィックスカード2020年半ばに発表?!

(Source:wccftech)

DigiTimesのレポートによると、IntelのXe GPUアーキテクチャベースのグラフィックスカードのラインアップは、2020年半ばに発売されると報告されています。情報筋によると、Intelが10nmプロセスノードをベースとする最初のラインアップは2020年半ばに発売される予定で、IntelがXeゲーミンググラフィックカードの発売イベントとしてComputex 2020またはE3 2020のいずれかで行うようです。

Intel Xe GPUベースの10nmディスクリートグラフィックスカードのラインアップが2020年半ばに発売

DigiTimesは、いくつかの業界筋が、2020年半ばにIntelが個別のグラフィックスファミリを発売すると発表していると述べています。2020年半ば、IntelはComputex 2020、E3 2020、または独自のイベントに正式な発表を行うようです。これは、NVIDIAが優位に進めているデスクトップ向けグラフィックスカードの市場に参入する為にインパクトのある発表を行う為です。Intelは、NVIDIAとAMDを何十年もトッププレイヤーとして見ている市場に、初のXe GPUベースの製品の発売後、デスクトップ向けグラフィックスカード業界の3番目の地位を容易に築くことになりそうです。、Xe GPUラインアップは10nmプロセスを使用し、主にGPUをゲーム用に販売するのではなく、AI / HPC市場をターゲットにしていることを言及しいます。2021年の7nm製品のリードは、XeアーキテクチャベースのGP-GPUであり、Datacenter AIおよびHPC市場を対象とすることが確認されています。単にゲーム市場をターゲットにするのではなく、Intelは新しいGPUとCPUを組み合わせて、データセンター、AI、機械学習アプリケーションからビジネスチャンスを追求するための競争力のあるプラットフォームを用意する為に、 データセンター市場でAI GPUプラットフォームを推進しています。

同じ製品がIntelの新しいFoveros 3Dスタッキングテクノロジーを使用することになるため、GPU、メモリ、インターコネクトの間に1チップ、1スタックチップの調和が見られます。これにより、GPUダイのすぐ上に高帯域幅メモリをスタックできるようになり、既存のGPUよりもはるかに小さいパッケージサイズでありながら、これまでのどの製品よりも高密度なパッケージサイズを実現します。Intelが2020年半ばに最初のグラフィックスカードの発売を目標としているわけですが、これは、AMDのRDNA2アーキテクチャやNVIDIAのAmpereに対抗する可能性が高く、これらも7nm製品として計画され、2020年に発表される見込みがあります。これらの新しいGPUが提供する価格とパフォーマンスレベルを確認するのは興味深いでしょうが、その間、「iDG1LP」コードネームを使用するIntel Xe DG1グラフィックチップがNotebookcheckにリストされました。このチップはモバイルプラットフォーム向けで、GDDR6メモリと25WのTDPを搭載し、GeForce GTX 1050デスクトップグラフィックスカードと同様の性能を備えているようです。これは初期段階のエントリですが、モビリティ製品は来年登場する10nm Tiger Lake CPUに最適なラインナップになります。新しいGen 12 GPUについて私たちが知っていることとして、Intel Xeアーキテクチャは、Raja KoduriがIntelに入ってすぐに立ち上げたチームによってゼロから構築されます。最初のXe GPUアーキテクチャは、2020年に登場するモビリティおよびデスクトップ向けグラフィックスカードに組み込まれます。「Arctic Sound」コードネームでブランド化された新しいGPUは、ゲーム市場に向けられます。Intelは、Xe GPUの開発にどのプロセスノードを使用するかは不明ですが、14nmまたは10nmのどちらかであるとみられています。Intelはまた、Computex 2019でXe GPUベースのディスクリートラインアップの次世代設計コンセプトを発表しました。

 

 

インテルは2019年の投資家会議で、7nmプロセスノードの主力製品がデータセンター向けのXe GPUアーキテクチャベースの汎用グラフィックカードラインアップであることを告げています。新しいXeアーキテクチャベースのGP-GPUは、Foveros 3Dスタッキングアーキテクチャを使用し、GPU、メモリ、インターコネクトの間に1チップ、シングルスタックチップの調和となります。GPUダイのすぐ上に高帯域幅メモリをスタックできるようになり、既存のGPUよりもはるかに小さいパッケージサイズでありながら、これまでのどの製品よりも高密度なパッケージサイズを実現します。Intelは、Xeアーキテクチャベースの7nmグラフィックスカードが最初にデータセンター市場に導入され、2021年までにAIとHPCのワークロードをターゲットにすることとしています。ゲーミングサイドに戻ると、128、256、512の範囲のEU(Execution Units)カウントで、いくつかすでに流出しています。初期のXeグラフィックスカードは主流の視聴者を対象としている可能性が高いため、EUの数は理にかなっています。

最新のテストドライバーで言及されている製品は次のとおりです。

  • iDG1LPDEV = “Intel(R) UHD Graphics, Gen12 LP DG1” “gfx-driver-ci-master-2624”
  • iDG2HP512 = “Intel(R) UHD Graphics, Gen12 HP DG2” “gfx-driver-ci-master-2624”
  • iDG2HP256 = “Intel(R) UHD Graphics, Gen12 HP DG2” “gfx-driver-ci-master-2624”
  • iDG2HP128 = “Intel(R) UHD Graphics, Gen12 HP DG2” “gfx-driver-ci-master-2624”

リークされた4つは、「iDG1」および「iDG2」という名前になります。

「DG」はディスクリートグラフィックスを意味する可能性が高く、「1」と「2」の指定はチップのパフォーマンススケールです。4つのディスクリートGPUにはLPとHPのバリエーションも含まれ、LPはLow-Powerの略で、HPはHigh-Powerの略です。EUは、NVIDIAのCUDAコアおよびAMDのStreamプロセッサコアカウントと同様に、コアの数と考えることができます。各コアの構築と設計は異なるため、IntelのXe GPUについて詳しく知らない限り、コア数をNVIDIAとAMDと比較することは賢明ではありません。インテルは、数か月先のCES 2020で、個別のグラフィックスソリューションに関する詳細情報を公開します。