AMD Ryzen Threadripper 3960X 24コア/48スレッド、第3世代HEDT「TR4 +」ラインナップの命名スキーム

(Source:wccftech)

TUM_APISAKによるAOTSベンチマークのリストを通じて、最初の24コアと48スレッドの製品が確認され、AMDの第3世代Ryzen Threadripperプロセッサの命名スキームはすぐに手に入るようです。

AMD Ryzen Threadripper 3960X「第3世代Zen2 7nm」CPUがAOTSベンチマークで24コアと48スレッドをロッキング

AMDは先月、第3世代のRyzen Threadripper CPUが16コア/ 32スレッドのRyzen 9 3950Xフラッグシップメインストリームプロセッサーとともに11月に発売されることを確認しました。AMD Ryzen Threadripperファミリは24コアと48スレッド製品でプレミアになりますが、このチップの最も興味深い点は、新しい7nm Zen 2コアアーキテクチャと第2世代の類似のチップレット設計に基づいているということです。EPYC Romeプロセッサは、既存のZen +コア上でIPCに15%の増加を提供し、より多くのI/O、より多くのキャッシュ、より多くの帯域幅、そして、優れたマルチタスクパフォーマンスを提供してくれます。新しいThreadripperプロセッサのコードネームまたは命名スキームは明らかにされておらず、第3世代になると言われました。ただし、24コア/48スレッドがAMD Ryzen Threadripper 3960XとしてリストされているSingularityベンチマークのAshesでは、命名スキームが漏れているようです。ラインナップの残りの部分がどのようなものになるかも解るようです。同様のニュースとして、昨日、デスクトップのThreadripperを含む未リリースの第3世代AMD Ryzen CPUが見られました。

  • DT Ryzen Threadripper 280W SP3R3 (16C)
  • DT Ryzen Threadripper 280W SP3R3 (32C)

手始めに、AMDはすでにZen +ベースの第2世代Ryzen Threadripperラインナップを備えた24コア/48スレッドモデルを発売しています。Ryzen Threadripper 2970WXとして知られていましたが、第3世代のラインでは、Threadripper ** 60X製品には同じコア構成があり、それぞれの製品世代へのステップアップをコアとスレッドで示しています。AMDがRyzen Threadripper 3970X / WXを発売する場合、おそらく32コア/64スレッドであると考えられます。同様に、第3世代のThreadripper 3980X / WXは48コア/ 96スレッドで、フラッグシップの3990X / WXは64コア/ 128スレッドとなります。

 

CPU NameCPU CoresCPU ThreadCPU PredecessorBase ClockBoost ClockCacheTDPPrice
AMD Ryzen Threadripper 3990X/WX64 Core128 ThreadAMD Ryzen Threadripper 2990WX (32 Core / 64 Thread)TBDTBDTBD~280W$1799 US?
AMD Ryzen Threadripper 3980X/WX48 Core96 ThreadN/ATBDTBDTBD~280W$1499 US?
AMD Ryzen Threadripper 3970X/WX32 Core64 ThreadAMD Ryzen Threadripper 2970WX (24 Core / 48 Thread)TBDTBDTBD~250W$1299 US?
AMD Ryzen Threadripper 3960X24 Core48 ThreadN/ATBDTBDTBD~250W$999 US?