AMD Ryzen 7 3750X TDP105W?!

(Source:Tom’s Hardware)

AMDは、先日OEM向けのRyzen 3000 seriesのRyzen 9 3900とRyzen 5 3500Xを発表しました。今回、OEM向けと予想される未発表のRyzen 3000 seriesでRyzen 7 3750Xが明らかになりました。Ryzen 7 3750Xは8コアで、TDPが105Wに上昇しています。同じ8コアでTDP65WのRyzen 7 3700Xから周波数が上がっているものと思われるますが、詳細情報はありません。Ryzen 7 3700X (3.60GHz/Boost 4.40GHz) とRyzen 7 3800X (3.90GHz / Boost 4.50GHz) の中間な型番です。その間は狭いです。Tom’s HardwareではRyzen 7 3750Xは2つのCPU chipletを載せたモデルではないかという説を明記しています。Ryzen 9 3900Xをカットダウンしたようなモデルで、通常は8コアのCPU chipletを4コアまでとしたものを2個載せたものという説です。(Ryzen 9 3900Xは6コアとしたCPU chipletを2個載せて12コアにしています)。メリットとして2つ分のCPU chipletのL3 cacheが使用できるので、1 CPU chipletモデルであるRyzen 7 3700X, 3800Xの倍のL3=64MBが利用できます。このRyzen 7 3750Xの出所は先のRyzen Threadripperでも触れたProduct Masterです。この資料にはRyzen 7 3750Xや未発表のThreadripperの他、よくわからないモデルが多数記載されていました。

ModelSEP (USD)Cores / ThreadsTDPBase / Boost Frequency (GHz)L3 CachePCIe 4.0 Lanes
Ryzen 7 3800X3998/16105W3.9 / 4.53224
Ryzen 7 3750X?8/16105W??24
Ryzen 7 3700X3298/1665W3.6 / 4.43224