CPU

AMD 第三世代ThreadripperのTRX40は下位互換性がない?!

(Source:wccftech)

ReHWolutionのtwitterアカウントが投稿したものによると、第三世代ThreadripperのプラットフォームとなるTRX40搭載マザーボードは、これまでのThreadripperとの下位互換性がありません。また、その逆も同様です。AMDはこれまでのところ、プラットフォームの更新に関してはソケットにとらわれない(=世代をまたぐ互換性)哲学を維持することができたので、これが本当なら大きなニュースです。

このうわさが何らかのメリットがあると思う理由は、少し前に64コアのThreadripperが存在すること伝えたこともあることから、ソケットの再設計が必要になる可能性があるところからです。

AMDは長い間ソケットに依存しないと称賛されてきたが、コア数が急速に変化したことや、7nmに移行するなどしていることで、TR4をあきらめてTRX40という新設計に移行する可能性があるのです。7nmプロセステクノロジーへの移行にはレイアウトの変更が必要になることです(これにより、ソケットの再設計が必要になりました)。これは、コストがかかりすぎる可能性があります。次に、64コアのThreadripperに取り組んでいて、古いTR4ソケットが多数のコアと完全に互換性がない可能性があります。この噂は間違っている可能性もあり、AMDは再び私たちを驚かせる可能性もありますが、互換性の約束は2020年までであり、AM4ソケットの場合です。これは技術的に彼らが公に述べたものに反しません。

AMD Ryzen Threadripper 3000シリーズファミリは、内部的に「Castle peak」として知られ、HEDT市場で支配的なリーダーシップを発揮すると言われています。このファミリは、パフォーマンスと全体的な効率性の新たな基準となり、新しいプラットフォーム機能が新しいTRX40マザーボードに導入され、次のレベルに引き上げられます。AMDはまた、最初のSKUに24コアと48スレッドチップが含まれることを発表しましたが、より多くのチップを搭載した上位製品が、後発で登場すると思われます。AMDのThreadripper 3000プラットフォームは、最大64コアを搭載し、TSMCの7nmプロセスに基づいており、新しいアーキテクチャを備えています。

第2世代のThreadripperに比べて大幅なパフォーマンスの向上が見込まれますが、これを完全に新しいプラットフォームとして考えることをお勧めします(AMDがTRではなくTRXを選択した理由かもしれません)。別の可能性は、AMDがCPUをTRXとWRXに分割する可能性があり、TRXとWRXは、非常に多コア製品のために用意されているため、新しいソケットが必要ということです。

関連記事

  1. AMD Athlon 220GE 240GEを発表

  2. AMD RyzenCPUの割り当てと可用性の更新2021年第1四半期

  3. Intel 2020年ラウンチへ向け順調なIce Lake

  4. AMD Ryzen5000シリーズAGESA1.1.0.0を搭載したM…

  5. Intel 第14世代 Meteor Lake CPUがCoreboo…

  6. Intel Tiger Lake 10nm ‘Core i…

  7. Coffee Lake(Kaby Lake-R) 10月5日発表も、国…

  8. Microsoftによると、Windows 11 PCは、CPU、メモ…

  9. Intel 8コア/16スレッドのCPUは、3.10GHz~?!

  10. AMD Zen2 Boostの問題を修正

  11. AMDの5nm次世代Zen4 Ryzen&EPYC CPUは、25%を…

  12. AMD AGESA 1.2.0.1BIOSファームウェアがMSIのX5…

PAGE TOP