NVIDIA GeForce GTX 1660 SUPER、GeForce GTX 1650 Ti 10月販売開始

(Source:wccftech)

NVIDIAは、GeForce GTX 1660 SUPERとGeForce GTX 1650 Tiの2つのカードを10月に発売する準備をしています。どちらのも、来月発売予定のAMDのメインストリームNaviラインナップに対抗するものです。1ドルあたりのパフォーマンスとワットあたりのパフォーマンスを向上させNVIDIAは、AMDの猛追を振り払う事ができそうです。

 

NVIDIA GeForce GTX 1660 SUPER – GDDR6メモリでアップグレード

仕様に関しては、GeForce GTX 1660 SUPERは既存のGeForce GTX 1660と同じTU116-300ダイを使用し、1408CUDAコア、80 TMU、48 ROPの同じコア構成です。周波数についての情報はありませんが、わずかに変更される可能性があります。

グラフィックカードの主な変更点は、メモリ設計です。GeForce GTX 1660は8 Gbpsで動作する6 GBのGDDR5メモリを備えていますが、GeForce GTX 1660 SUPERは14 Gbpsで動作する6 GBのGDDR6メモリを備えます。このメモリは、12 Gbpsのダイを備えたGeForce GTX 1660 Tiよりも高速になります。メモリは192ビットのバスインターフェイスで、336 GB / sの合計帯域幅を提供します。NVIDIAがGPU周波数を上げることを決定したならば、GeForce GTX 1660 Tiに近づいているものになります。

これは、AMDのRadeon RX 590よりも約15%高速で、これまでに確認したNavi 14のパフォーマンスリークを参考にすると、AMDがNavi 14ラインナップでさらに低価格のカードを発売することをしない限り、良心的な販売価格になるようです。ちなみに現在、GeForce GTX 1660の価格は229米ドルで、GeForce GTX 1660Tiの価格は249米ドルです。

NVIDIA GeForce GTX 1650 Ti

NVIDIAが取り組んでいるもう1つのカードは、GeForce GTX 1650 Tiです。仕様はありませんが、GeForce GTX 1650に基づいて、GeForce GTX 1650は1024 CUDAコア、32 ROP、64 TMUを搭載できます。このカードは、同じ8000MHzの実効クロック速度で128ビットバス4 GB GDDR5 VRAMを搭載し、128 GB/sの帯域幅です。現在、GTX 1650のTDPは75Wに設定されていますが、GTX 1650 Tiの同様のTDPが確認されています。これは、起動に外部電源コネクタを必要としない同様のTDPを備えたTiと非TIの両方の製品を備えた以前のGTX * 50シリーズカードとも合致するものです。

GeForce GTX 1650と同様に、GTX 1650 Tiはさまざまなカスタムモデルで利用でき、ほとんどの場合、工場出荷時のオーバークロックを可能にする6ピン電源コネクタを備えています。