AMD 薄型軽量ノートブック向けの低電力APU「Dali」を準備

(Source:techPowerUp!)

AMDは、新しい「Dali」シリコンで2020年に低電力APUファミリを復活させる予定です。更新された企業ロードマップのスライドでは、主流のノートブックおよびデスクトップ(ソケットAM4)プラットフォームの両方をターゲットとするパフォーマンスAPUである「Renoir」の下に位置する「バリューモバイルAPU」として「Dali」があります。AMDは、APUビジネスを2つの方向に分岐したいと考えています。「Renoir」は、少なくともRyzen 5 3600または3700Xに一致するCPUパフォーマンスを備えた「Zen 2」ベースのAPUと、より高速な「Vega」ベースのiGPUです。「Dali」が2つの「Zen 2」CPUコアと3〜4個のコンピューティングユニットを備えた小さなiGPUを備えたモノリシック7 nmダイであっても、驚くことではないのです。一方、「Renoir」は、8コアの「Zen 2」チップレットと、iGPUを備えた拡張I / Oコントローラーダイを備えたMCMです。「Dali」は2020年にもラウンチ予定です。その時までに、TSMCは7 nmのボリュームを大幅に増やします。