AMD Zen2 Boostの問題を修正

(Source: tomshardware )

AMDは、Ryzen 3000シリーズプロセッサの今後のブーストクロック修正に関する詳細情報を、Webサイトのブログ投稿で共有しています。Ryzen 3000チップは2か月前に業界で広く評価され、新しいZen 2マイクロアーキテクチャと7nmプロセスの組み合わせにより、 非常に競争力のある価格でデスクトップPCのパフォーマンスが大幅に向上しました  。しかし、多くのチップが定格ブーストクロックに達していないため、愛好家コミュニティから申告がありました。フラッグシップの  Ryzen 9 3900X が最も影響を受けているものです。

AMDは、1.0.0.3ABBAと呼ばれる新しいファームウェアが、速度を25〜50 MHz低下させていた以前のファームウェアのバグを修正すると発表。AMDはマザーボード  ベンダーに新しいコードを提供しており、更新されたBIOS  リビジョンは「2〜3週間」以内に除外されると予想されます。プロセッサに十分な冷却、電力、および必要なWindows 10の更新とドライバーがあることを考えると、AMDがブログの投稿で詳述されているように、更新によりブースト動作が修正されると考えています。

ブーストクロックに関する件は、AMDがブースト速度を低下させて長期的な信頼性への懸念に対処するものとも推測されています。Tomshardwareは、この問題に関して、いくつかのテストを実行しました。AMDは、起動後にプロセッサのブースト動作を変更したことがわかりましたが、これらの変更が意図的なものなのか、エラーの結果なのかを判断することはできませんでした。また、信頼性の問題に対処するために変更が行われたかどうかを判断することもできませんでした。AMDは、チップの寿命を改善するためにクロック速度を調整したという主張を完全に否定しています。