VGA

AMD Navi12 Navi14 Navi21 Linux向けドライバI

(Source:ComputerBase.de)

AMDはRDNAアーキテクチャに対応した最初のLinux向けドライバをリリースしました。このドライバにはNavi 10をベースとしたRadeon RX 5700 XT / RX 5700のサポートが加えられるとともに、今後登場するかもしれないNavi GPUに関する記載を確認できました。

Linuxのドライバに見つかったのはRadeon RX 5700 XT/RX 5700として登場するNavi 10に加え、Navi 12, Navi 14, Navi 21です。

 

○Navi 14

Navi 14はRadeon RX 5500 seriesに相当するエントリー向けの製品の可能性があり、AMDは新しいRDNAアーキテクチャを幅広く投入する狙いがあると推測されています。

 

○Navi 12

Navi 12はRadeon RX 5600 seriesと予想されます。現行のRadeon RX 590, RX 580, RX 570の後継となり、価格もふさわしい設定かと、Navi 12のデータは少ないが、性能はRadeon RX Vega 56程度とのようです。

 

○Navi 21

以前はVega 20の後継となるハイエンドチップはNavi 20と呼ばれていましたが、今回のドライバではNavi 21となっています。いずれにせよ、ローンチは2020年となる。

噂ではこのNavi 21はRDNAの最初の改良版となり、ハイエンド向けに投入されるだけでなく、Real-time Raytracingに対応するチップになると言われている。E3 2019でAMDはRaytracingに言及したものの、Radeon RX 5700 seriesではReal time Raytracingをサポートしない。一方、Play Station 5に用いられるSoCのGPUはNaviがベースです。こちらはReal-time Raytracingをサポートすると言われいます。次世代Xboxも同じアーキテクチャを用いると予想されているようです。

まず第1弾はNavi 10を用いるRadeon RX 5700 seriesであるが、その後もいくつかの新GPUが控えている模様で、久々にRadeonに新しい風が吹き込みそうである。Navi 12やNavi 14、そしてNavi 21が現時点ではどのようなGPUであるかは憶測の域を出ないです。今後の同行をみまもりたいです。

関連記事

  1. AMDは明日Big Navi ‘RDNA 2’…

  2. NVIDIA RTX2080Ti 2080 2070 ようやく発表

  3. GeForce Game Ready ドライバー 531.68 が S…

  4. Nvidia RTX 4090 GPUは、RTX 3090よりも40%…

  5. パワフルなPCBデザインを特徴とするNVIDIA GeForce RT…

  6. GeForceRTX3060用NVIDIAGA106「Ampere」G…

  7. Intel 10nmプロセスで最初のXE dGPU

  8. NVIDIA Ampere GeForce RTX 3080 販売開始…

  9. GALAX GeForce RTX 4090 Serious ゲーミン…

  10. NVIDIA GeForce RTX 4060 は、PCIe x8イン…

  11. GALAXがNVIDIACryptocurrency MiningLi…

  12. AMD 「Navi」は、Variable Rate Shadingによ…

PAGE TOP