VGA

NVIDIA Ampereは2020年予定、Samsungの7nmで製造へ

(Source:WCCF Tech)

NVIDIAの次世代GPUとなる「Ampere」は2020年にローンチ予定で、Samsungの7nm EUVプロセスで製造されるそうです。

WCCF TechではNVIDIAの「Ampere」がECCの認証を通ったことを以前報じていましたが、その最新情報となります。今回のDigiTimesの記事で、「Amepere」が2020年の予定であることがわりました。おそらくNVIDIAは「RTX」の哲学を継続し、「Ampere」では次の段階へと進むと見込まれる。「Turing」は軽度から中等度のPath traging worlkloadsとして、1080p、3ofpsでRay Tracingを扱うことが出来るが、「Ampere」ではより強化されると見込まれます。 

もう1つ今回の報道でわかったのは「Ampere」がSamsungの7nm EUVプロセスを用いることだ。プロセスの進化により、電力効率と性能の向上が見込まれます。

元のDigiTimesの記事は現時点では限定公開となっています。

「Ampere」の名を持つGPUについては紆余曲折があり、かつては現在の「Turing」に相当するGPUが「Ampere」だと噂されていたが、今回言われている「Ampere」は「Turing」次の世代のGPUになります。

現行の「Turing」はTSMC 12nmでの製造ですが、7nm EUVプロセスへの移行により、性能と電力効率の向上が見込まれると説明されている。TSMCからSamsungにファウンダリが移った理由は明確ではないが、過去にもNVIDIAはSamsungでGPUを製造しており、何かしらの理由(よりよい条件を提示された、あるいは製造容量や性能の問題)でファンダリが移ったとしても不思議ではないものです。(ちなみに、GP107がSamsung 14nmで製造されたGPU)WCCF Techの文章からはとりあえずNVIDIAが7nmのタイミングでEUVプロセスに移りたかったように捉えられます。

関連記事

  1. PALITによってEECに提出されたNVIDIAGeForce RTX…

  2. NVIDIA GeForce RTX3090のレンダリングパフォーマン…

  3. AMD Radeon RX 5700 XTの3DMark Time S…

  4. パソコン工房 iiyama PC、プロeスポーツチーム「RIG」のコラ…

  5. AMD Radeon RX 6900 XT LC Liquid Coo…

  6. NVIDIA GeForce RTX4090とRTX4080のPCB詳…

  7. NVIDIA GeForce RTX 50 フラッグシップ ゲーミング…

  8. NVIDIAはGA102-220を搭載したGeForceRTX 308…

  9. 大規模なクアッドスロット クーラーを搭載した疑惑のNVIDIA GeF…

  10. GTC 2024 に向けて準備が整った NVIDIA の次世代 Bla…

  11. GDDR6 DRAMの需要が暗号通貨マイニング減少のため、NVIDIA…

  12. NVIDIA GeForce RTX 3080Tiグラフィックスカード…

PAGE TOP