ドスパラ、ミドルタワーゲーミングPCにGeForce GTX 1660 Ti搭載モデルを追加

ドスパラを運営するサードウェーブは2月25日、同社製ゲーミングPC「GALLERIA」シリーズにGeForce GTX 1660 Ti搭載モデル計2製品「GALLERIA XT」「GALLERIA ZT」を追加、販売を開始しました。標準構成価格はそれぞれ13万9980円、17万5980円(税別)です。ともにミドルタワー型筐体を採用するゲーミングPCで、最新のGeForce GTX 1660 Ti搭載グラフィックスカードを標準で装備しているのが特徴です。

GALLERIA XTはCPUとしてCore i7-8700を搭載。メモリは8GB、ストレージは500GB SSD+1TB HDDを、光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブ(発売記念としてBlu-ray Discドライブへの無料アップグレードが適用)を内蔵する。

GALLERIA ZTはCore i7-9700Kを搭載するモデルで、メモリは16GB、ストレージは500GB+3TB HDD(無料アップグレード適用)を、光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブ(発売記念としてBlu-ray Discドライブへの無料アップグレードが適用)を内蔵している。