AMD Radeon VII発表 2月7日解禁$699

AMDは1月10日、7nmプロセスで製造される初のGPUであるRadeon VII(Radeon Seven)を発表しました。

Radeon VIIは7nmプロセスの「Vega 20」をベースとし、Compute Unitは60基、StreamProcessorは3840基。VRAMとしてHBM 2を16GB搭載、4096-bitのインターフェースで接続でGPUコアの周波数は最大1800MHz。Radeon VIIはGeForce RTX 2080に勝る性能を有するとされています。登場予定日は2月7日で、価格は$699。

現時点でのスペック情報

 AMD Radeon VIIAMD Radeon RX Vega 64AMD Radeon RX 590AMD Radeon R9 Fury X
Stream Processors3840(60 CUs)4096(64 CUs)2304(36 CUs)4096(64 CUs)
ROPs64643264
Base Clock?1247MHz1469MHzN/A
Boost Clock1800MHz1546MHz1545MHz1050MHz
Memory Clock2.0Gbps HBM21.89Gbps HBM28Gbps GDDR51Gbps HBM
Memory Bus Width4096-bit2048-bit256-bit4096-bit
VRAM16GB8GB8GB4GB
Single Precision Perf.13.8 TFLOPS12.7 TFLOPS7.1 TFLOPS8.6 TFLOPS
Board Power300W?295W225W275W
Manufacturing ProcessTSMC 7nmGloFo 14nmGloFo/Samsung 12nmTSMC 28nm
GPUVega 20Vega 10Polaris 30Fiji
ArchitectureVega(GCN 5)Vega(GCN 5)GCN 4GCN 3
Transistor Count13.2B12.5B5.7B8.9B
Launch Date2019年2月7日2017年8月14日2018年11月15日2015年6月24日
Launch Price$699$499$279$649

AMDのスライドに概要が記されており、前述の通りCompute Unitの数は60基で、最大1800MHzで動作するとありました。メモリはHBM 2を16GB搭載、メモリ帯域は1TB/secに達する。第1世代「Vega」と比較して、同等消費電力で25%高い性能を発揮できるようです。Radeon RX Vega 64およびGeForce RTX 2080と性能を比較したグラフも掲載されており、3種類のゲームタイトルにおいて、Radeon RX Vega 64比では25~42%の性能向上、GeForce RTX 2080比では同等から場合によっては2割弱のアドバンテージを示していました。

新しく発表されたばかりのグラフィックカードとしては珍しくカードの外観を詳細に写した写真が掲載され、3基のファンを搭載した2スロットタイプのカードとなり、カード長は目測で27cm程度と推測されます。PCI-Express電源コネクタは8-pin×2、画像出力はHDMI×1+DisplayPort×3である。先に発表された「Vega 20」搭載カードであるRadeon Instinct MI 60/MI 50ではInfinity Fabric Linkが搭載されていましたが、今回のRadeon VIIにはそれらしきコネクタは見当たりませんでした。

関連記事