Intel Xeon E 2100 series(Coffee Lake-S) 正式発表

Intelが、7月13日、Xeon E 2100 series processorを発表しました。
Xeon E 2100 seriesは従来のXeon E3-1200 series processorの後継CPUで、エントリークラスのワークステーション向けとして設計されたものでです。そしてクリエイター向けに信頼性と手に届きやすい価格を維持しつつもSingleスレッド重視のアプリケーションにおいても強力な性能を発揮するものです。従来のXeon E3-1200 seriesに近いものになっています。デスクトップ向けの「Coffee Lake-S」をベースとして、ECCメモリへの対応などの仕様にしており小規模サーバーやワークステーション向けの機能を有効化しています。IntelのプレスリリースによるとDDR4-2666までの対応で最大64GBまで搭載できるようです。

型式周波数C/TキャッシュGPUTDP
Xeon E-2186G3.80-4.70GHz6/1212MBUHD P63095W
Xeon E-2176G3.70-4.70GHz6/1212MBUHD P63080W
Xeon E-2146G3.50-4.50GHz6/1212MBUHD P63080W
Xeon E-21363.30-4.50GHz6/1212MB80W
Xeon E-2126G3.30-4.50GHz6/612MBUHD P63071W
Xeon E-2174G3.80-4.70GHz4/88MBUHD P63071W
Xeon E-2144G3.60-4.50GHz4/88MBUHD P63071W
Xeon E-21343.50-4.50GHz4/88MB71W
Xeon E-2124G3.40-4.50GHz4/48MBUHD P63071W
Xeon E-21243.30-4.30GHz4/48MB71W
Xeon E-2104G3.20GHz4/48MBUHD P63065W