4月19日販売開始予定?「Pinnacle Ridge」AMD Ryzen 2000シリーズ

AMD Ryzen 2000シリーズのラインナップと価格がリークされています。Ryzen 7 2800Xをラインナップしないみたいです。最上位モデルはRyzen 7 2700X、価格は$369予定。IntelのCore i7 8700Kよりも若干安価。Ryzen 7 2700Xに続くのがRyzen 7 2700でRyzen 7 2700Xと同様に、8コア/16スレッドになります。この下に、6コア/12スレッドのRyzen 5 2600XとRyzen 5 2600が用意されます。価格はRyzen 7 2700が$299、Ryzen 5 2600XとRyzen 5 2600がそれぞれ$249と$199のようです。

Ryzen 2000 series CPU(12nm / Pinnacle Ridge / SocketAM4)
コア数 定格周波数 キャッシュ TDP 対応メモリ
スレッド数 Boost時周波数
Ryzen 7 2700X 8コア 3.70GHz L2=512kB x8 105W 2ch DDR4 ’18/4/19
16スレッド Boost 4.35GHz L3=16MB -2933 $369
Ryzen 7 2700 8コア 3.20GHz L2=512kB x8 65W 2ch DDR4 ’18/4/19
16スレッド Boost 4.10GHz L3=16MB -2933 $299
Ryzen 5 2600X 6コア 3.60GHz L2=512kB x6 95W 2ch DDR4 ’18/4/19
12スレッド Boost 4.25GHz L3=16MB -2933 $249
Ryzen 5 2600 6コア 3.40GHz L2=512kB x6 65W 2ch DDR4 ’18/4/19
12スレッド Boost 3.90GHz L3=16MB -2933 $199

Ryzen 2000シリーズを搭載できる、X470マザーボードが4月19日に販売開始されるという情報も同時に入ってきてます。このため4月19日がRyzen 2000シリーズのローンチ予定日と考えられています。Ryzen 2000シリーズとして登場するのは4種類で8コア/16スレッドのRyzen 7 2700X, Ryzen 7 2700と6コア/12スレッドのRyzen 5 2600XとRyzen 5 2600です。Ryzen 7 1700Xに対するRyzen 7 1800Xのように、Ryzen 7 2700Xの上に位置すると予想されていたRyzen 7 2800Xは存在しないようです。(Ryzen 7 1800X→Ryzen 7 2700Xで周波数を比較すると定格+100MHz、Boost時+350MHzとなる。ただし、Ryzen 7 2000 seriesのBoost時の周波数はXFRが効いたときの周波数なのかそうでないのか注意が必要)。次期マザーボードは、基本的にはX470とB450はそれぞれX370とB350にXFR2 EnhancedとPrecision Boost Overdriveの対応を付加したもので、I/OはX370やB350と変わらず、チップセットから出るPCI-Expressレーンも第2世代に留まるようです。(X470はPCI-Express 2.0を8レーン、B450は6レーン。SATA 6.0GbpsはX470が4ポート、B450が2ポートで、これにRyzen CPU/APUが持つ分が加わる)。

X470 B450 X370 B350
USB 3.1 Gen.2 10Gbps 2
3.1 Gen.1 5Gbps 6 2 6 2
2.0 4
SATA 6.0Gbps 4 2 4 2
SATA Express / PCIe Gen.3 2 1 2 1
Chipset PCIe Gen.2 8 6 8 6
Processor PCIe Gen.3 1×16 / 2×8 1×16 1×16 / 2×8 1×16
RAID 0/1/10
Others XFR2XFR2 EnhancedPresicion Boost Over Drive XFR2

400シリーズと300シリーズの違いは「XFR2 Enhanced」と「Precision Boost Overdrive」の有無。これらの機能は「2nd Gen. AMD Ryzen ‘X’ Processors」の機能として紹介されています。1000シリーズで、XFRが「non-X」のモデルにも若干搭載されていた事を考慮すると、「non-X」にも搭載されている可能性は否定できないと考えられます。「X」モデル独自ないしは「X」モデルでより有効な機能ならば、逆に「non-X」モデルを使用するのでしたら400シリーズと300シリーズの差は皆無のようです。