NVIDIA 「Turing」は、マイニング向け?!

先日、NVIDIAの次のゲーミング向けグラフィックカードとして「Turing」なるものが用意される事がでてきました。「Turing」はイギリスの学者であるAlan Turingから命名で、Alan Turingナチスのエニグマ暗号を解読を率いた人物として知られています。「Turing」はcrypto-mining及びblockchain compute accelerator用となるようです。「Turing」は小型で高効率になるよう設計され、マイナーやcrypto-mining firmなどが行う大規模配備に対応するもののようです。「Turing」は、GeForceブランドの製品に比べ低価格で製造するものであります。また、十分なスケーラビリティを持ち、PCゲーミングシステムの価格を抑えられるものになるようです。「Turing」はASICのごとき強烈な影響を、グラフィックカード市場にもたらし、これまでのグラフィックカードによるマイニングを旧態依然の代物に追い込むもののようです。
これにより、ゲーミンググラフィックカードの値下がりが期待できるみたいです。「The new GPU gaming chip, code names Turing」としていおり、ゲーミング向けのGeForceの新製品のように感じましたが、今回の情報では、異なっており「Turing」はマイニング向けの製品だとのこと。マイニング向けに「Turing」を出すことにより、ゲーミング向けのGeForceが過度にマイニング需要に晒されることを防ぎ、暴騰した価格を元に戻す狙いもあるようです。「Turing」が特定のアーキテクチャを示すコードネームではないというのは今回の情報でも一貫していて、「Turing」に使われるコアが何になるのかはわかりません。