2018年のXeon Scalable Family「Cascade Lake」

来年ラウンチ予定の「Xeon Scalable Family」は、現行のXeonと比較して、「in-memory SAP HANA workloads」で、1.59倍の性能と、「SAP Sapphire Now Conference」で発表、この中で、Intelの不揮発性メモリによって、大容量のデータが「Xeon processor」により近いところに置かれ、ストレージ階層に革命をもたらし、特にSAP HANAのような「in-memory application」では、より強力な効果を発揮する。2018年にIntel不揮発性メモリは「Xeon Processor Scalable Family refresh」(コードネーム:Cascade Lake)の一部として導入予定。2018年に「Cascade Lake」の名で呼ばれる「Xeon Scalable Family refresh」に相当するものを予定。そこで、Intelの不揮発性メモリ技術が搭載みこみで、単純にプラットフォームで「Optane memory」か、「Optane SSD」をサポートするのか、Xeonのダイと不揮発性メモリのダイを1つにしてしまうのか、いろいろ推測されます。2018年に新しい動きがあるようです。

関連記事