VGA

NVIDIA は、GeForce RTX 4070 GPU で 12VHPWR の代わりに 12V-2×6 コネクタ設計を使用へ

NVIDIA は、GeForce RTX 4070 FE GPU で 12VHPWR 設計の代わりに新しい 12V-2×6 電源コネクタを使用しているようです。

NVIDIA は、GeForce RTX 4070 Founder Edition GPU で 12VHPWR の代わりに 12V-2×6 コネクタをこっそり使用へ

数日前、PCI-SIG が既存の 12VHPWR コネクタを中心に設計された新しい CEM 5.1 仕様を持っていると報告されました。この新しいコネクタ規格は12V-2×6 設計と呼ばれ、初期の 12VHPWR 設計で発生したすべての問題を回避するために、さまざまな小さな変更と ATX 3.1 規格への準拠が特徴であると言われています。

Igor の研究室は、NVIDIA の GeForce RTX 4070 FE を詳しく調べた結果、カードがすでに新しい 12V-2×6 ピン電源コネクタを使用している可能性があり、その違いはプライマリ 12-ピンポートの底部にある 4 つのセンス ピンから確認できることを発見しました。違いは、古い CEM 5.0 仕様では 4 つのセンス ピンのオフセットが 0.45 mm であったのに対し、新しい CEM 5.1 仕様ではそれが 1.7 mm 内側へのオフセットに変更されていることです。

MSI GeForce RTX 4070 Gaming X Trio カスタム 製品の場合も同様で、オフセットが 1.7 mm 短縮されていますが、コネクタ自体には 12VHPWR H+ ラベルが付いています。H+とH++の2つのコネクタがあるはずなので、適切な設計はまだ利用可能になっていませんが、ASTRONが量産すると述べていますが、未完成の設計がすでに製造されているのは非常に興味深い事です。

この新しいリビジョンにより、古いコネクタに関連する多くの溶解の問題が軽減される可能性があります。新しい 12V-2×6 電源コネクタは 150 ~ 300W カード向けの設計仕様も備えているため、将来の RTX 4050 および RTX 4060 シリーズ カードでも、現在使用されている 8 ピン プラグの代わりにそれを利用できます。

NVIDIA GeForce RTX 4070 は、 12VHPWR と標準 8 ピンコネクタ構成の両方を備えた最初のカードでもあり、ほとんどの AIB は標準電源プラグの使用を選択しています。PSU ベンダーは、すでに 12V-2×6 設計を開発中であると述べており、MSI は、更新された GL シリーズ ラインナップの一部としてすでにそれらを提供しているベンダーの 1 つです。新しい ATX 3.1 の仕様は、今後数か月以内にIntelによってさらに詳細に発表される予定です。

(Source:wccftech)

関連記事

  1. NVIDIAがTitan Xを予告

  2. AMD Radeon RX 7900 XTX 24 GB GPU がS…

  3. NVIDIA GeForce RTX 3080Tiグラフィックスカード…

  4. AMD RDNA2リフレッシュ Radeon RX 6950XT、RX…

  5. NVIDIA GH100 HopperフラッグシップGPUは、約100…

  6. NVIDIAとBethesdaがDOOMEternal GeForce…

  7. NVIDIAがRTX 3000シリーズを2020年第3四半期の発売に向…

  8. NVIDIA GeForce RTX3090Tiカスタムモデルがオンラ…

  9. NVIDIA GeForce RTX 3090カスタムグラフィックスカ…

  10. IntelArc Alchemistグラフィックスカードは、32個のX…

  11. AMD Radeon RX 7600が1080pゲーマー向けNavi …

  12. 謎のNVIDIA「GPU-N」は、134のSM、8576のコア、2.6…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP