NVIDIA GeForce RTX 3080 20 GB グラフィックス カードが中国の中古GPU市場で発見!?

1年前、Gigabyteのカスタムグラフィックス カードであるロシアのNVIDIA GeForce RTX 3080Ti GPUについて報告しました。このサイズのGPUがロシア市場以外で見つかったことはありませんでしたし、当時はそれが本物かどうかは不明でした。

NVIDIA GeForce RTX 3080 20GBグラフィックスカードは本物で、中国でUSD$600未満にて販売

最終的に、 Gigabyte のサブブランド AORUSによって Gigabyte GeForce RTX 3080Ti 20 GB GDDR6Xであることが確認されました。ロシアの小売業者 ZSCOM からのリストと写真の前に、カードは激しく議論されましたが、キャンセルされたと報告されていました。ロシアに出回ったモデル以外では、その後の他の議論は明らかにされませんでした。

さらに最近では、未発表のRTX 3090 SUPER グラフィックスカードが見られました。これは、リークされたか、または噂されている構成の多くが実際にGPUメーカーによって作成されたものの、大量生産には至らなかったことを示しています。これは、VRAM機能は AIC が調整できるものですが、内部GPU構成はNVIDIAだけが変更できるものであるため、NVIDIA がゴーサインを出したタイミングで会社が何らかの量を確保できるようにするために行われます。

現在、中国の小売業者がNVIDIA GeForce RTX 3080 20GBの MSIの製品販売を開始しました。これは (数年前のGPUと比較して)大幅に値下げされ、小売価格は USD$600未満です。

過去数年間、クリプト マイナーはクリプト マイニング リグに NVIDIA GPU を利用してきました。これは、多くの機能がロックされている他社のGPUと比較して、一貫したハッシュレートにアクセスするのに最も効果的なGPUであったためです。ただし、イーサリアム通貨がマイニングの新しい形式に切り替えてNVIDIA GPUの使用を排除することを計画しているため、マイナーは他の通貨に目を向けるか、ストレスのかかるGPUとリグを数分の1のコストで販売して、収益に近づくようにしています。

エキサイティングな出来事として、一部のマイニングファームは、未リリースの NVIDIA GeForce RTX 3080 20GB GPUに完全にアクセスできるようになりました。ソーシャルメディアを介して MSI GeForce RTX 3080 Ventus 3X OC 20 GB モデルの写真を見ていますが、これを昨年見たロシアバージョンと混同してはいけません。NVIDIA は当初、ボード パートナーと10 GB、12 GB、および 20 GB GPUとLHRバリアントをリリースする可能性について話し合っていました。市場に出回ったのは10 GBと12 GBのモデルだけだったので、他のカードは存在しないと考えて間違いありませんでした。NVIDIA は 20 GB GPU の存在を完全には確認していないため、中国とロシアからのリストはすべて、テクノロジー コミュニティが決してリリースされず、キャンセルされたと感じたGPUでした。

中国の小売業者からの写真は、仮想通貨マイニングを支援しないディスプレイコネクタに使用される標準プラグを備えた GeForce RTX 3080 20GB GPUを搭載しています。カードは 97.48 MH/s レートにアクセスでき、NVIDIA がGPUでLHRブロックを有効にしていると判断できるため、MSIはGPUを一般消費者ではなくマイナーに直接販売したと噂されています。

ETHマイニングは将来の暗号マイニングシーンを変える劇的な変化を遂げているため、今はこの特定のカードを購入するのにひどい時期です。また、NVIDIAは、今後数か月以内に販売される最新のGPUを発表する予定です。最後に、カードには利用可能なドライバーがありません。つまり、完全な機能を有効にできませんのでゲームには不向きです。

Twitter ユーザー@honxxing2020は、MSI RTX 3080 20 GB GPUがUSD$432~600で入手可能であることを示し、まったく新しいカードのように見えました。しかし、機能が不足しているため、現在市場に出回っているこのGPUにお金を使う価値はないように思えます。

(Source:wccftech)

関連記事



*
*
* (公開されません)