Intel 第13世代 Raptor Lake CPUの最終ラインナップと仕様、販売予定

Intel の今後の第 13 世代 CPU ラインナップの概要です。Intel は9月27日にRaptor Lakeを発表し、販売開始は10月20日予定です。日付は Intel の希望に応じて少し前後する可能性があります。仕様は多かれ少なかれ固定されています (わずかなクロック レートの増減を除いて)。Raptor Lake は Intel からの非常に興味深いアップデートになるでしょう。私が確認したところによると、この世代のパフォーマンスの王冠を獲得するでしょう。

圧倒的なパフォーマンスが期待できるIntel Core i9-13900KフラグシップCPUには、24 コア (8+16)、5.5 GHz オール P コア ターボ、および「A780h」統合 GPU が搭載

Intelは、今回の発売に向けて合計14のSKUを準備しています。まず、10月20日販売予定の6つのSKUがあります。Core i9-13900K(F)、Core i7-13700K(F)、Core i5-13600K(F)、そして、2023年早々に販売されるであろうCore i9 13900、Core i7 13700、Core i5 13400です。1.6 GHz から1.55 GHz の範囲のクロック速度で、Intelは、KシリーズCPU用に統合GPUをオーバークロックする機能を提供しています。Core i5-13400は、このバッチで、デバイス ID が A782hで、24 EU のカットダウンエンジンと1.55GHzのクロック速度を備えた別の統合GPUを備えた唯一のCPUです。

このラインナップは、K シリーズの 125W と非 K シリーズの 65W の TDP の範囲であり (上限が設定されていない限り、バースト 消費電力は 125W よりも大幅に高くなります)、24 コアから 10 コアまでのクロック構成が特徴です。フラッグシップの Core i9- 13900Kには8つのPコアと16のEコアがあり、Core i5-13400には6つのPコアと4つのEコアがあります。このラインナップの6つのCPUのうち5つは、最大3200MHzの DDR4 メモリと最大 5600MHzのDDR5をサポートします。

Core i3 は、最大 4800 MHz の DDR5 のみをサポートします。もちろん、IMC OC がサポートされているため、これらすべてにはるかに高速なクロック速度のメモリを使用できます。Core i9-13900Kのキャッシュサイズは 36 MB で、Core i5-13400のキャッシュサイズは20MBです。ソケットはLGA1700であり、ECCサポートは、Core i7-13700とCore i5-13400を除くすべてのSKUに存在します。クロック速度層による正確なコアの内訳を以下の表に示します。

次に、統合GPUを含まないKFおよびFシリーズCPUがあります。(したがって、価格が少し安くなります)。すべてのFシリーズSKUは、iGPUの削除とECCサポートの削除を除いて、基本的に非F シリーズと同じです。

最後に、Intelの低電力品種であるTシリーズ CPU があります。Core i9-13900TとCore i7-13700TのベースTDPはわずか35Wで、エンタープライズアプリケーション向けに設計されています。これら両方がECCサポートとiGPUを備えている理由です。TDPが減少し、GPU OCがサポートされていないため、クロック速度は保守的です。興味深いことに、iGPU は両方のSKUで1.6GHzで、アダプティブブーストは Core i9-13900Tに存在します。

初期のパフォーマンス テストでは、Intel がこの世代のパフォーマンスクラウンを獲得するCPUの絶対的な仕様を備えた製品を手にしていることがわかります。ただし、前世代と同様に、TDP の数値は、バースト消費電力が記載されているよりも大幅に高くなるため、誤解を招く可能性があります。フラッグシップCPUは、PL1に落ち着く前に、ベース TDP の最大 2 倍のバーストを簡単に発生させることができます。また、AMDもほぼ同じ時期に第7世代Ryzen CPUを発売するため、Intelからの非常に競争力のある価格設定を期待しています。そのため、どのキャンプにいても、これまで我慢してきた場合は、アップグレードする絶好の機会となります。

(Source:wccftech)

関連記事



*
*
* (公開されません)