Western Digitalは、年末までに162層のNANDを生産

Western Digitalは、ビットカラムスタックまたはBiCS NANDと呼ばれるプロセス技術を使用して162層NANDを製造するために、KIOXIAとのコラボレーションを発表しました。このプロセスにより、ドライブは単一のNANDフラッシュに162層を配置できます。

Western DigitalとKioxiaは、162層のBiCS NANDフラッシュドライブの開発で6度目の提携

Micronは先週、記者会見で232層のNANDフラッシュドライブに関する同社の計画も明らかにしました。Western DigitalとKioxiaの第6世代BiCS NANDフラッシュは、162層のBiCS NANDフラッシュテクノロジを提供します。これは、NANDフラッシュドライブに176層のスタックを提供するほとんどの競合他社よりも低い技術です。

読者は、2つの会社が他の会社と同じ容量のNANDチップを提供していることに注意する必要があります。ダイサイズが他のメーカーよりも小さいため、両社はウェーハ面積あたりのダイ数を増やすことで有利になります。

WDの投資家会議でのプレゼンテーション中に、同社は以前の製品よりもはるかに大きい単一ウェーハ容量を明らかにし、2020年から現在までウェーハあたり70TBから100TBにサイズを拡大しました。同社は、世界中で最高のチャージトラップセルを提供することを宣言し、他の競合他社よりも優れたパフォーマンスを実現します。上記のスライドは、40 MB/sと比較して60MB/sで他の企業よりも20MB/s増加していることを示しています。KioxiaとWestern Digitalはどちらも、互換性を高めるための投資がはるかに少ないと述べています。それでも、市場は異なって表示され、2つの会社が生産された積み重ね可能な層の数に関する競争に追いつくのに苦労していることを示しています。

ただし、WDとKioxiaが2024年までに200層を提供するBiCS + NANDフラッシュの作成を検討しているため、Micronは今後数年以内に同様のものを考案する必要があります。WDとKIOXIAの複数年計画は2032年まで到達し、その時点で500層のNANDフラッシュを提供することを望んでいます。

企業は、データセンターセグメントでWDとKioxiaによる最も重要なBiCS+NANDを利用します。WDは、このテクノロジーの最初の製品で、データ転送速度が60%向上し、プログラム帯域幅が15%向上し、現在のBiCS6 NANDチップを超えるウェーハあたりのビット成長が55%向上すると主張しています。

(Source:wccftech)

関連記事



*
*
* (公開されません)