次世代NVIDIA GeForce RTX4090 トップ AD102 GPUを搭載し、100TFLOPを超える最初のゲーミンググラフィックスカードになる可能性あり

次世代 NVIDIA GeForce RTX 4090シリーズに関する最近の噂は、AD102搭載のグラフィックスカードが100TFLOPsの壁を突破した最初のゲーム製品である可能性があることを示唆しています。

NVIDIA GeForce RTX 4090クラスのグラフィックスカードは、100TFLOPsの障壁を突破する最初のゲーム「AD102」GPUになる可能性があります

現在、NVIDIA GeForce RTX 3090Tiは、すべてのゲーミンググラフィックスカードの中で最高のコンピューティングパフォーマンスを提供し、FP32(単精度)GPUコンピューティングの40〜45TFLOPに達します。しかし、次世代GPUが今年後半に登場することで、事態は大きく後押しされるでしょう。

Kopite7kimiとGreymon55の噂によると、NVIDIAだけでなくAMD​​の次世代グラフィックスカードも100TFLOPsのマークに達すると予想されています。これは、消費者向けグラフィックス市場における大きなマイルストーンであり、現在の世代のカードで大きなパフォーマンスとパワージャンプを確実に見ています。限界である275Wから350-400Wが標準になり、RTX 3090Tiなどはすでに500W以上の電力を消費しています。次世代はさらに電力を消費するようになりますが、計算数が問題になる場合は、それらがそれほど多くの電力を消費する理由の1つをすでに知っています。

レポートによると、NVIDIAのAda Lovelace GPU、特にAD102チップは、TSMCの4Nプロセスノードでいくつかの大きな進歩を遂げます。以前の2.2〜2.4 GHzのクロック速度の噂と比較すると、現在の見積もりでは、AMDとNVIDIAのブースト速度は互いに類似しており、約2.8〜3.0GHzです。特にNVIDIAの場合、同社は合計18,432コアと、96MBのL2キャッシュおよび384ビットバスインターフェイスを融合する予定です。これらは12GPCダイレイアウトでスタックされ、TPCごとに6つのTPCと2つのSMがあり、合計144のSMになります。

理論上2.8 GHzのクロック速度に基づくと、最大103 TFLOPのコンピューティングパフォーマンスが得られ、噂ではさらに高いブーストクロックが示唆されています。これらは間違いなくピーククロックのように聞こえます。これは、平均的な「ゲーム」クロックよりも高いAMDのピーク周波数に似ています。100以上のTFLOPS計算パフォーマンスは、3090Tiフラッグシップの2倍以上の馬力を意味します。ただし、コンピューティングパフォーマンスは必ずしも全体的なゲームパフォーマンスを示すわけではありませんが、それにもかかわらず、ゲーミングPCの大幅なアップグレードであり、現在の最速のコンソールであるXbox Series Xの8.5倍になります。

したがって、結局のところ、PCハードウェア、特にグラフィックカードがより強力になるのを目にすることは間違いありませんが、次世代のゲーム、特にレイトレーシングを備えた8Kタイトルを実行するために、トレースと将来のグラフィック効果を含む、そのすべての力が有効に活用されるのを見るのは素晴らしいことです。

Upcoming Flagship AMD Intel NVIDIA GPU Specs Preliminary

GPU NameAD102Navi 31Xe2-HPG
CodenameAda LovelaceRDNA 3Battlemage
Flagship SKUGeForce RTX 4090 SeriesRadeon RX 7900 SeriesArc B900 Series
GPU ProcessTSMC 4NTSMC 5nm+ TSMC 6nmTSCM 5nm?
GPU PackageMonolithicMCD (Multi-Chiplet Die)MCM (Multi-Chiplet Module)
GPU DiesMono x 12 x GCD + 4 x MCD + 1 x IODQuad-Tile (tGPU)
GPU Mega Clusters12 GPCs (Graphics Processing Clusters)6 Shader Engines10 Render Slices
GPU Super Clusters72 TPC (Texture Processing Clusters)30 WGPs (Per MCD) 60 WGPs (In Total)40 Xe-Cores (Per Tile) 160 Xe-Cores (Total)
GPU Clusters144 Stream Multiprocessors (SM)120 Compute Units (CU) 240 Compute Units (in total)1280 Xe VE (Per Tile) 5120 Xe VE (In Total)
Cores (Per Die)18432 CUDA Cores7680 SPs (Per GCD) 15360 SPs (In Total)20480 ALUs (In Total)
Peak Clock~2.85 GHz~3.0 GHzTBD
FP32 Compute~105 TFLOPs~92 TFLOPsTBD
Memory TypeGDDR6XGDDR6GDDR6?
Memory Capacity24 GB32 GBTBD
Memory Bus384-bit256-bitTBD
Memory Speeds~21 Gbps~18 GbpsTBD
Cache Subsystems96 MB L2 Cache512 MB (Infinity Cache)TBD
TBP~600W~500WTBD
LaunchQ4 2022Q4 20222023

(Source:wccftech)

関連記事



*
*
* (公開されません)