IntelがArc Alchemistを搭載したBeast Canyon NUC Extremeを披露、XeSSテクノロジーでシャドウオブザトゥームレイダーを実行

IntelのRaja Koduriは、ディスクリートグラフィックスカードの独自のArc Aclehmistラインナップを搭載した同社のBeast Canyon NUCを披露しました。

Raja Koduriが、Intel Arc Aclehmistのディスクリートグラフィックカードで今後のBeast Canyon NUC Extremeを披露

Intel NUC Extremeの「Beast Canyon」は入手可能な最も強力なSFFPCの1つであり、デスクトップグレードの第11世代TigerLakeデスクトップ「KB」CPUのサポートとフルレングスのグラフィックカードのサポートを提供します。NVIDIAのRTX 3080Ti Founders Editionグラフィックスカードを利用したNUC Extremeの独自のレビューがあります。これは、SFF PC内に収まる最速のソリューションですが、Intelには独自のディスクリートグラフィックスソリューションであるArc AlchemistがRaja Koduriによって紹介されたプロトタイプビルド内で、実行されているようです。

以前、Raja Koduriはライブインタビューで、自宅のPC内で初期のArc Alchemist GPUをすでに実行していることを明らかにしました。現在、Raja Koduriは最初のNUCエクストリームの「Beast Canyon」ユニットを独自のArc Alchemistグラフィックカードで披露しています。テストユニット内で実行されていたグラフィックカードのバリエーションは示されていませんが、同社のXe SSAI支援スーパーサンプリングテクノロジーを使用してシャドウオブザトゥームレイダーを実行していることがわかります。これは、シャドウオブザトゥームレイダーがIntelのXe SSテクノロジーを利用するいくつかのタイトルの1つになることを確認しています。

Intel NUC Extremeの「Beast Canyon」エンクロージャーは、最大12インチのフルレングスのグラフィックスカードに収まり、ディスクリートグラフィックスカードに2つの8ピン電源コネクタを備えています。これはかなり詰め込まれたPCであり、Tiger Lake CPU用のLGA1200ソケットを備えたNUC11 Compute Element AICを接続するいくつかのライザーカードと、ユーザーが装備したいdGPUに接続する追加のライザーを使用します。

Intelはまた、コードネーム「Dragon Canyon」であるNUC 12 Extremeを間もなく市場に投入し、第12世代Alder Lake CPU(ソケット付きフォームファクター/ LGA 1700)のサポートを特徴とし、Arc AlchemistディスクリートGPUも利用します。Intelは、2022年第2四半期にデスクトップディスクリートArc Alchemistグラフィックスカードを市場販売することを確認しているため、今後数か月以内にカードに関する詳細情報を入手する予定です。

(Source:wccftech)

関連記事



*
*
* (公開されません)