Intel Arc Alchemist DG2 GPUは、最大5台のディスプレイをサポートし、ワークステーションのラインナップに対応?!

Intel i915 Linuxグラフィックスドライバーは最近、ARC AlchemistディスクリートGPUとしても知られるIntelのDG2 GPUシリーズの5台目のディスプレイをサポートを可能にするパッチを取得しました。Intelは、ラップトップおよびデスクトップコンピューター用の新しいGPUをリリースする予定です。リリース予定日は2022年第2四半期のようです。

Intelは、GPUのArc Alchemist DG2ラインナップの5台目のディスプレイサポートを開始

Linux i915ドライバーノートには、最大5台のディスプレイをサポートするARC Alchemistラインの説明はありません。新しいラインは、以前の写真で5つの個別のディスプレイをサポートするように見えたことはありません。ただし、USB4の導入により、Intelは追加のディスプレイサポートのためにUSB-Cポートを使用する場合があります。オンラインでリークされた以前の写真は、DisplayPortまたはHDMI接続のみを示しています。

現在、NVIDIAとAMDは4つのディスプレイしかサポートできません。GIGABYTE AORUSシリーズは、ゲーム用グラフィックカードラインに接続を追加するように努めましたが、追加の接続はバーチャルリアリティヘッドセット(PCVR)用に予約されています。

5台目のディスプレイサポートを提供するIntelは、AMDがRadeon PRO W6800グラフィックスカードで6つのミニDisplayPortを提供しているため、そのテクノロジーの決定的な動きとなるでしょう。AMD Radeon PRO W6800グラフィックスカードは、256ビットバスインターフェイス上で16Gbpsのピン速度で合計512GB/sの帯域幅で動作する32GBのGDDR6メモリを備えています。それに加えて、128MBのInfinity Cacheもあります。Radeon PROは、17.83 TFLOPの完全なFP32パフォーマンス、35.66 TFLOPのFP16パフォーマンス、およびFP64パフォーマンスの1.11TFLOPを提供します。

IntelのArc Alchemistの計算ブロックは、16個のVector Engine(エンジンあたり256ビット)と16個のMatrix Engine(エンジンあたり1024ビット)で構成されています。各Vector Engineは、Xe-Coreごとに8つのALUまたは128のALUで構成されます。各Matrix Engineブロックは、FP16およびINT8モードでテンソル演算を操作するXMXブロックとも呼ばれます。Xe-Coreは、専用のL1キャッシュを追加で備えています。

IntelがエンタープライズワークステーションにDG2 GPUを実装することを計画しているという憶測が飛び交っていますが、Intelは最近この情報を検証していません。リリースに近づくにつれて、おそらくリリース予定のほんの数週間前の今年のPAX Eastの間に、より多くの情報が期待されます。

(Source:wccftech)

関連記事



*
*
* (公開されません)