Intel RocketLakeとAlderLake CPUは、セキュリティの脆弱性のためにBlu-rayディスクを再生できない

Heise.deは、Intelの第11世代および第12世代のコアプロセッサのユーザーは、SGX命令セットにあるサポートが停止しているため、UHD Blu-rayディスクを再生できないと報告しています。Intelがこれらの2世代でのBlu-rayテクノロジの再生を許可しない理由は、システムが手元にセキュリティの脆弱性があり、ディスクを読み取れないと考えているためです。

Blu-rayディスクは、個々のプランで見つかったセキュリティのリスクが高いため、Intel RocketLakeおよびAlderLakeベースのシステムでは視聴できない

UHD Blu-rayディスクの再生には、非常に高い要件があります。まず、ディスクは、システムプロセッサによって指定された互換性要件を満たしているかどうかを検索します。次に、ディスクは、Advanced Access Content System(AACS 2.0)のコピー防止、高帯域幅のデジタルコンテンツ保護(HDCP 2.2)、IntelのSGXテクノロジなど、いくつかのデジタル著作権管理テクノロジが導入されていることを確認する必要があります。

3つのテクノロジ保護をさらに詳細に分析します。

  • Advanced Access Content System(AACS)は、Advanced Access Content System Licensing Administration(AACS LA)によって発行されたBlu-rayディスクのコピー防止の形式です。AACSを使用すると、特定の暗号化キーのセットを使用してBlu-Rayプレーヤーにアクセスできます。これらのキーのいずれかが危険にさらされた場合、AACSを改訂できます。現在、AACSはバージョン2.2です。
  • 高帯域幅デジタルコンテンツ保護(HDCP)は、テレビおよび映画業界によって設定されたコピーおよびコンテンツ保護の標準です。HDCPは、Blu-rayプレーヤー、デジタルケーブルボックス、および多数のストリーミングデバイスなどのデバイスのHDMI接続上にあります。
  • Intel SGXは、社内のハードウェアベースの暗号化であり、ユーザーが機密データをシステムのメモリ内の高度に保護された領域に配置することにより、機密データを保護できるようにします。このプロセスは、CPUを示すセキュリティ命令を使用してメモリ領域を暗号化します。ブルーレイアソシエーションは現在、すべてのプロセッサがインテルSGXテクノロジをサポートすることを要求しています。

Intelは、同社の第6世代コアプロセッサから第10世代コアチップまでのSGXサポートを提供しています。ただし、第11世代Core Rocket Lakeと現在の第12世代Core Alder Lakeプロセッサの両方がSGXのサポートを提供していないため、多くのUHD Blu-rayユーザーは新しいシステムでディスクを再生できません。

Intelは、プロセッサフ​​ァミリに対して最後にSGXテクノロジのサポートを停止した理由に対処したことはありません。超高精細Blu-rayディスクの情報にアクセスするときに検出されたセキュリティの脆弱性が原因で、システムがより多くの誤った属性を検出し、高レベルの非互換性を引き起こした可能性があります。Intelは、SGX暗号化テクノロジを変更する代わりに、最後の2世代のプロセッサでSGX暗号化テクノロジを削除しました。この手順により、コンピューターユーザーはシステムでBlu-rayディスクを再生できなくなり、標準のBlu-rayプレーヤーの料金を支払うか、オンラインで映画やテレビ番組のストリーミングを選択できなくなりました。

(Source:wccftech)

関連記事