AMD Navi 24 RDNA2が最初の6nmGPUになり、エントリーレベルのRadeon RX 6500XTおよびRX6400グラフィックスカードに電力を供給

(Source:wccftech)

私たちが待ち望んでいたRDNA2リフレッシュは、最初にRDNA 2の形式でエントリーレベルのセグメントに向かう可能性があります。これは、まったく新しいプロセスノードに基づいてRadeon RX 6500XTおよびRX6400グラフィックスカードに電力を供給します。

AMD Radeon RX 6500XTおよびRadeonRX6400が最初の6nm Navi24 RDNA 2 GPUを搭載

2022年第1四半期に、Intel、NVIDIA、AMDは、消費者向けのまったく新しいオプションを備えたエントリーレベルのセグメントで競争することが期待されています。NVIDIAはこのセグメント内でSamsung 8nm搭載のAmpereラインナップに焦点を当てていますが、IntelとAMDはTSMCの6nmプロセスに基づく新しい    VGAを提供します。最新のレポートはVideocardzからのものであり、その情報源は、AMDが実際に6nm GPUを提供する最初のGPUメーカーになる可能性があることを示唆しています。

RDNA2グラフィックスアーキテクチャを搭載したAMD Navi 24 GPUは、IntelのARC Alchemist GPUよりもはるかに優れた6nmプロセスノードを利用すると報告されています。新しいプロセスノードはRDNA2リフレッシュGPUに導入されていましたが、AMDはNavi24で導入したようです。これはTSMCの7nmノードが提供できるよりも高速なクロックと優れた効率です。

Navi 24 XT GPUを搭載したAMD Radeon RX 6500XTグラフィックカード

AMD Radeon RX 6500XTは、完全なNavi 24 XT GPUダイを利用します。内部的にはBeige Gobyとして知られているAMD Navi 24 GPUは、RDNA 2ラインナップの中で最小であり、単一のSDMAエンジンを備え、合計8つのWGPと最大16のコンピューティングユニットの2つのシェーダーアレイを備えています。AMDはコンピューティングユニットあたり64のストリームプロセッサを備えているため、Navi 24 GPUの合計コア数は1024であり、32のコンピューティングユニットで2048のストリームプロセッサを提供するNavi 23 GPUの半分です。

AMD Radeon RX 6500 XT ‘Navi 24 XT GPU’ graphics card render. (Image Credits: Videocardz)

コアの数に加えて、各シェーダーアレイは128 KBのL1キャッシュ、1 MBのL2キャッシュを備え、16 MBのInfinityキャッシュ(LLC)もあります。AMD Navi 24 RDNA 2 GPUは、64ビットバスインターフェイスでも機能し、ローエンドのRadeon RX6500またはRX6400シリーズのパーツで機能します。このカードは128GB/sの帯域幅を備えていますが、AMDは、232 GB/sの定格の合計帯域幅(Infinity Cacheを含む)の新しいマーケティング名を考案しています。AMD Navi 24は、2.8 GHzの障壁を超えても、非常に高いクロック速度を実現することが期待されています。

仕様に関しては、AMD Radeon RX 6500XTグラフィックスカードは1024コアと4GBのGDDR6メモリを備えています。カードは、マイニングアルゴリズム、特にETHでは動作できません。最上位モデルは107WのTDPを備えているため、起動するには外部電源コネクタが必要です。カードは1月19日に発売される予定なので、CES2022での発表を期待してください。

Navi 24 XLGPUを搭載したAMD Radeon RX6400グラフィックスカード

AMD Radeon RX 6400 ‘Navi 24 XL GPU’ graphics card render. (Image Credits: Videocardz)

Navi 24 RDNA 2ラインナップの2番目のカードは、AMD Radeon RX 6400で、768コアのわずかに削減された「XL」チップをベースにしています。このカードは4GBのGDDR6メモリを保持し、わずかに低いクロックを備えていますが、それでも2.5GHz以上の周波数範囲を備えています。RX 6400は、53W TDPのおかげで、起動に電源コネクタを必要としないと報告されています。また、112 GB/sの標準および232GB/sのIFC帯域幅を備えています。Radeon RX6400は6500XTよりも少し遅れて発売される予定ですが、OEM専用モデルとして維持される可能性が高く、カスタム製品は入手できません。公式のレンダリングでは、このカードは、シングルファンとHDMI + DP出力を備えたシングルスロットとハーフハイトのフォームファクターを備えた、エントリーレベルのロープロファイルGPU市場向けに設計されていることがわかります。

両方のGPUは、MSRPがUSD$200〜250未満のエントリーレベルのセグメントを対象としています。Radeon RX 6600シリーズはすでにプレミアム1080pゲームセグメントに位置付けられているため、Navi 24 GPUがエントリーレベルの1080pゲーム市場を対象としていることを期待してください。しかし、AMDがRDNA 2 GPUの価格を引き上げ、 AIBパートナーにも同じことを行うよう警告したことを考えると、エントリーレベルの市場は、何年も待った後、何かに乗り込もうとする低価格ビルダーにとって別の混乱に終わる可能性があります。

AMD Radeon RX 6000 Series RDNA 2 Graphics Card Lineup Low

raphics CardAMD Radeon RX 6400AMD Radeon RX 6500 XTAMD Radeon RX 6600AMD Radeon RX 6600 XTAMD Radeon RX 6700 XT
GPUNavi 24 (XL)?Navi 24 (XT)?Navi 23 (XL)Navi 23 (XT)Navi 22 (XT?)
Process Node6nm6nm7nm7nm7nm
Die SizeTBDTBD237mm2237mm2336mm2
TransistorsTBDTBD11.06 Billion11.06 Billion17.2 Billion
Compute Units1216283240
Stream Processors7681024179220482560
TMUs/ROPsTBDTBD112/64128/64160/64
Game ClockTBDTBD2044 MHz2359 MHz2424 MHz
Boost ClockTBDTBD2491 MHz2589 MHz2581 MHz
FP32 TFLOPsTBDTBD9.0 TFLOPs10.6 TFLOPs13.21 TFLOPs
Memory Size4 GB GDDR6 + 16 MB Infinity Cache4 GB GDDR6 + 16 MB Infinity Cache8 GB GDDR6 + 32 MB Infinity Cache8 GB GDDR6 + 32 MB Infinity Cache12 GB GDDR6 + 96 MB Infinity Cache
Memory Bus64-bit64-bit128-bit128-bit192-bit
Memory Clock14 Gbps16 Gbps14 Gbps16 Gbps16 Gbps
Bandwidth112 GB/s128 GB/s224 GB/s256 GB/s384 GB/s
TDP53W107W132W160W230W
Price~$200 US~250 US?$329 US$379 US$479 US

関連記事