Nvidia RTX 4090 GPUは、RTX 3090よりも40%以上多いCUDAコアを搭載

(Source:pcgamesn)

NVIDIAのRTX3090は、紛れもなく巨大なゲーミングPCコンポーネントであり、近々RTX 3090 Ti(SUPER)へ更新 により、Ampereアーキテクチャがさらに推進される可能性があります。しかし、最近の噂では、2022年第三四半期発表予定?!のRTX 4090がRTX3090より43%多くのCUDAコアを搭載することが噂されており、チームグリーンはすでに一段と物事を進める準備をしているようです。

信頼できるリーカーGreymon55によると、NVIDIAのハイエンドコアユーザーグレードのRTX 4090 GPUには、現在の世代のRTX 3090よりも7,936多い18,432個のCUDAコアが搭載されるとしています。以前の噂では、このカードはRTX3090の43%多いCUDAコアを搭載しパフォーマンスレベルを2倍にすることが示唆されていました。今回のスペック向上に関して、消費電力の警告とPSUの交換を伴う可能性があります。

NVIDIAのRTX4090は、グラフィックカードクラス内で新たな高みに到達する可能性がありますが、フラッグシップのCUDA数の増加は、前モデルと同じ24GB VRAMとペアになっています。当然、これは問題になる可能性があり、特にRTX4070およびRTX4080にRTX3000シリーズと同様のGDDR6パッケージが搭載される場合がそうなります。NVIDIAの次のフラッグシップカードに興奮する前に、同社がRTX3000ラインの後継機についての詳細を明らかにしていないことは注目に値します。したがって、公式の話を聞くまでは、RTX4000の情報を噂程度にしておく事をおすすめします。


とは言うものの、噂では、RTX 4070、RTX 4080、RTX 4090が来年7月に登場することも示唆されているので、おそらくグラフィックカードの技術仕様はあなたが思っているよりも早く明らかになると思います。もちろん、業界はまだ部品不足を抱えているので、状況がNVIDIAの次世代の願望にどのように影響するか更新の情報を待つ必要があります。