Intel Core i9-12900K Alder CPU ゲームベンチマークのリークアウト

(Source:wccftech)

より多くのIntel Core i9-12900K Alder Lake CPUを搭載したゲームのベンチマークが、広く使用されているテストでリークされています。認定サンプルが公開されて以来、CPUは新しいベンチマークを取得しています。

ゲームテストでベンチマークされたIntel Core i9-12900K Alder Lake CPUはAMD Ryzen 9 5950Xよりも高速

最初のベンチマークは、BilibiliのメンバーであるEnthusiast Citizenからのものです。彼は、しばらくの間、Intel Core i9-12900K小売ユニットのベンチマークを積極的に行ってきました。リーカーはいくつかのAlder Lakeベンチマークを提供しており、現在、彼はCore i9-12900KテストベンチでRadeon RX6600のレビューを提出しました。現在、バグのある未リリースのプラットフォームでレビューを送信することは意味がありませんが、それはリーカーが行ったことです。

Intel’s Core i9-12900K CPU has been tested on the Z690 platform along with the newly released Radeon RX 6600 graphics card. (Image Credits: Bilibili)

テストプラットフォームは、ヒートシンクのデザインと白/銀色に基づいたASRock Z690 SteelLegendマザーボードのように見えるものを使用していました。ZADAKのDDR5-3866メモリをGear1モードで、CL14-14-14-34-2Tのタイミングで実行していました。標準のタワーヒートシンククーラーを使用してi9-12900Kに冷却しテストしました。

Intel Core i9-12900K Alder LakeフラッグシップCPU仕様

IntelのCore i9-12900K Alder Lake-S CPUは、16コアと24スレッドを搭載します。これは、8つのPコア(16スレッド)と8つのEコア(8スレッド)に配置されています。CPUは、P-Core(Golden Cove)のコアパーティションごとに3 MB、E-Core(Gracemont)のクラスターごとに3MBに配置された30MBのL3キャッシュを備えています。これは、Pコアから24 MBの場合は8つのPコアであり、それぞれ4つのEコアで構成される2つのクラスターからは6MBです。チップ全体で合計12.5MBの1.25MBのL2キャッシュもあります。

クロック速度に関しては、Intel Core i9-12900Kは、3.2 GHz / 5.3GHzのP-Coreベースとブーストクロックおよび3.0 / 3.9GHzのE-Coreベースとブーストクロックを備えていると予想されます。これらのブーストクロックはシングルコア用です。オールコアブースト周波数は、Pコアで5.0 GHz、Eコアで3.7GHzと予想されます。最高速度は、TVB(Thermal Velocity Boost)がアクティブになっている場合にのみ達成されるため、通常のブースト速度は少し遅くなる可能性があります。

Intel Core i9-12900K Alder LakeフラッグシップCPUパフォーマンス

パフォーマンスの観点から、リーカーは最初に3DMark TimeSpyおよびFireStrikeベンチマークでIntel Core i9-12900Kの総合的なパフォーマンスを披露します。パフォーマンスメトリックを以下に示します。

ゲームのベンチマークに関しては、Forza Horizo​​n 4で唯一の比較パフォーマンスベンチマークが行われました。Intel Core i9-12900KはWindows11で実行中に1080pで193FPSを記録し、AMDのRyzen 9 5950Xは同じ設定でWindows10の実行中に189FPSを記録しました。AMD CPU用のWindows11 OSは、RyzenチップにL3キャッシュに関連するパフォーマンス低下の問題があり、ゲームのパフォーマンスに悪影響を与えるため、Windows 10でのみ最高のパフォーマンスを測定できるため、理にかなっています。これは、Ryzen 9 5950Xよりもわずか2%リードしています。

Intel Core i9-12900Kの他のベンチマークには、1080pで252FPSを記録したRainbowSixSiegeと1080pで112FPSを記録したShadowof the TombRaiderが含まれていました。残念ながら、リーカーはこれらのゲームテストで比較を提供しませんでした。IntelのAlder LakeデスクトップCPUは、DDR5とDDR4の両方のメモリコントローラーを備え、600シリーズのマザーボードにもDDR5 / DDR4固有のオプションが付属します。ハイエンドマザーボードはDDR5を保持しますが、よりエントリーでメインストリームの製品はDDR4サポートをします。Intel Alder Lake CPUのラインナップは、それぞれのZ690プラットフォームおよびDDR5メモリキットとともに11月に発売される予定です。

市場に登場するまで、およそ1か月となりました。様々なベンチマークがリークされています。Alder Lake CPUは、Windows10 21H2及びWindows11での動作が快適であるとされています。販売当初は、Z690のMBとDDR5メモリが注目を集めると思われます。また、メモリの数が少ないと考えられており、バンドル販売される事が多いとも聞いています。システムで購入を考えている方は、どのVGAとの組み合わせが良いのか悩みどころです。新年早々、NVIDIA GeFoce RTX3090Ti(SUPER)なるものなどが登場すると噂されている事から年内に購入するには至れない可能性があります。かといってVGAが潤沢に用意されているわけでもないですので欲しい時に手に入れる事が正解なのかもしれません。