Intel Arc GPUの命名法について、Alchemist aXXX、Battlemage bXXX、Celestial cXXX

(Source:wccftech)

Intelは、第1世代のArcグラフィックスの発売の最終段階にあるようです。命名法は適切な順序でリークされています。Intelは、ボードメンバーを追加するための使用ガイドを作成し、世代がそれぞれIntel Arc aXXX、bXXX、cXXX、およびdXXXと呼ばれるという事実を含め、これまでに見たことのない詳細(@momomo_us via videocardz)を含めました。これまでリークされていた「Arc」も大文字ではありません。

Intel Arc a170、a150、およびa130はすべて、(他のバリエーションとともに)潜在的な命名スキーム

うそをつくつもりはありません、私はArcが資本化されないのを見て少しがっかりしています。NVIDIAがNvidiaと綴られていると想像してみてください。同じ効果ではありませんが、絶対に素晴らしく見えるアルクマイストとのマーケティングの伝承を垣間見ることができたので、ボックスアートがそれを補う以上のものになることを願っています。

リークされた設計ドキュメントには、第1世代のGPUはIntel ArcaシリーズおよびIntel Arc aシリーズのグラフィックスと呼ばれ、第1世代のIntel Arcグラフィックスとは呼ばれないと記載されています。もちろんこれはマスコミには当てはまりませんが、私たちは常にこれらを、これまでに多様化するためのIntelの最も公に称賛された試みの第1世代(5gを覚えていますか?)と呼んでいます。

これで命名法がハッシュ化されましたが、Intelが正確に3つのSKUを計画していることを考えると、命名スキームが何であるかについて、知識に基づいた推測を行うことができます。

これが私たちのよりありそうな推測のいくつかです

  • Intel Arc a300、a500、およびa700(パフォーマンス面で)
  • Intel Arc a130、a150、およびa170(パフォーマンス面で)
  • Intel Arc a800、a600、およびa200(Xeスライスの数を参照)

Intel Xe HPG GPUの最初のイテレーションには、それぞれ4つのXeコアで構成される8つのスライスがあります。これは、512(8x4x16)の合計ベクトル/マトリックスカウントを構成します。はい、それはまさにこのGPUの古い「EU」カウントでした。基本アーキテクチャが同じであると仮定すると(そうあるべきです)、まだ4096のALLU(512 * 8)を調べています。

グラフィックスの世界では、より優れたパフォーマンスとよりリアリズムに対する飽くなき需要があります。TSMCは、IntelがAlchemistファミリーのディスクリートグラフィックスソリューションにN6テクノロジーを選択したことに興奮しています。

半導体技術を含め、グラフィックス製品を成功させるには多くの要素があります。N6により、TSMCは、最新のGPUに理想的なパフォーマンス、密度、電力効率の最適なバランスを提供します。ディスクリートGPUのAlchemistファミリーでのIntelとのコラボレーションに満足しています。-TSMCの事業開発担当シニアバイスプレジデント、ケビン・チャン博士

Intel Xe HPGはTSMCの6nmプロセスで製造されるため、電力効率とトランジスタ密度の点で非常に優れているはずです。これはまた、それらが起動したときに、実際にこれらからある程度のボリュームを得る可能性があることを意味します。IntelのXeHPGアーキテクチャは、Xe LPの1.5倍のクロックレートを達成し、Wあたり1.5倍のパフォーマンスを実現します。これは、XeLPディスクリートGPUが1.4GHzでクロックされたことを考慮して、2.1GHz範囲のクロックを検討していることを意味します。パフォーマンスリークとロードマップリークが発生し始め、実際にラボでレビューを受けるのを待つことはできません。