AMD Ryzen Threadripper 5000 Chagall HEDT CPUは、最大64個のZen 3コアを搭載した5990Xと5995WX?!

(Source:wccftech)

Zen3アーキテクチャに基づくAMDの次世代RyzenThreadripper&Threadripper Pro HEDT CPUファミリを取り巻く新しい詳細が、MooreのLaw IsDeadによって報告されました。情報によると、AMDはHEDT、プロシューマー、およびワークステーションのユーザーを対象としたさまざまなオプションを備えたThreadripperラインナップを拡張する計画があるようです。

AMD Ryzen Threadripper 5000&Threadripper Pro 5000 Chagall HEDT /ワークステーションCPUの噂、最大64のZen 4コア、X3D製品など

AMDがChagallコードネームでZen3コアアーキテクチャに基づく次世代のRyzen Threadripper & Threadripper Proファミリを導入することを以前から噂されていました。ラインナップは2021年8月に発表で、2021年9月に発売されるというものです。発売の詳細については後で説明しますが、最初に、このリークで話題になっているすべての新しい技術情報を確認します。

AMD Ryzen Threadripper 5000 Chagall HEDT CPU

AMD Threadripper 5000ファミリは、RyzenとProの2つのセグメントに分割されます。Ryzen Threadripper 5000ファミリは、HEDTおよびプロシューマー市場を対象としています。ラインナップには、最大64コア、128スレッド、256MBのL3キャッシュを備えたフラッグシップパーツとしてRyzen Threadripper 5990Xがあり、CPUは64のPCIe Gen 4.0レーンを提供し、4チャネルのDDR-3200メモリインターフェイスをサポートします。

MLIDは、以前に噂されていた第3四半期の発売ではなく、第4四半期にThreadripperをプッシュする2021年11月までに発売が予定されていると述べています。価格は、Ryzen5000のメインストリームCPUとRyzen3000モデルで見られた価格の上昇を考慮すると、予想されるZen2のラインナップよりも高くなるようです。AMDがいくつかのRyzen Threadripper SKUを早期にラウンチし、Threadripper 3990Xで行ったように、後のラウンチのためにフラッグシップ64コアを維持する可能性がありますが、それはまだわかりません。

AMD Threadripper Pro 5000 Chagall ワークステーションCPU

ワークステーションのCPUは、AMD Threadripper Pro 5000 CPUがあり、これにはThreadripper Pro 5995WXが主力部品として含まれます。CPUは64コア/128スレッドも提供しますが、8チャネルDDR4メモリサポートと128 PCIe Gen4.0レーンを備えています。発売は2022年第1四半期(1月)頃に予定されています。また、既存のProチップはOEMを通じてのみ入手可能であり、数か月後まで適切な小売発売を受けなかったため、次世代のワークステーションCPUでも発生する可能性があることを覚えておく必要があります。

AMD Next-Gen Threadripper CPUの噂(画像ソース:MLID



仕様は既存のThreadripper Pro 3000パーツとそれほど変わらないように見えますが、Zen2からZen3へのアーキテクチャのアップグレードは、コア周波数の増加と新しいキャッシュアーキテクチャの追加に伴い、パフォーマンスが大幅に向上します。

AMD Threadripper Chagall X3D CPU(3DVキャッシュまたは3DCCDスタック?)

次に、コードネームChagall X3DであるZen3アーキテクチャに基づくAMD Threadripperラインナップに関する噂があります。これは確認されていませんが、リークはこのラインナップへの参照があり、数ヶ月前に話した3DパッケージEPYCチップであるMilan-Xに基づいているはずだと述べています。これらのCPUはTRX40およびTRX80マザーボード内に収まると報告されていますが、完全なサポートは、それぞれのマザーボードベンダーからのBIOSサポートと、AMDがそもそもそれを許可するかどうかに依存します。ラウンチは2022年下半期頃と言われていますが、この打ち上げはZen4のスケジュールによって、行われる場合と行われない場合があります。

これが、2022年の既存のZen 3 RyzenデスクトップCPUに統合されている3DV -CacheスタックテクノロジーまたはCCDスタッキングテクノロジーと同様のソリューションになるかどうかはわかりません。Milan-XはV-CacheではなくCCDをスタックすることが期待されているため、後者になるようですが、それは現時点では単なる推測です。

次世代AMDThreadripper(Zen 4)CPU

最後に、リークでは、最大96コアを搭載するAMDの次世代Zen4ベースのThreadripper CPU について説明しています。これらのチップは2023年第1四半期に発売される予定ですが、発売はまだ2年後なので、リーカーは確実に伝えることはできません。しかし、Threadripperの96コアは、後日発売されるEPYC Bergamoではなく、EPYC Genoaに基づいて最大128コアを提供することを意味します。そのように、EPYC TrentoはThreadripperにスケールダウンせず、ニッチなHPCセグメント用のカスタムチップになります。

AMD Zen CPU / APU Roadmap

Zen ArchitectureZen 1Zen+Zen 2Zen 3Zen 3+Zen 4Zen 5
Process Node14nm12nm7nm7nm6nm?5nm3nm?
ServerEPYC Naples (1st Gen)N/AEPYC Rome (2nd Gen)EPYC Milan (3rd Gen)N/AEPYC Genoa (4th Gen)TBA
High-End DesktopRyzen Threadripper 1000 (White Haven)Ryzen Threadripper 2000 (Coflax)Ryzen Threadripper 3000 (Castle Peak)Ryzen Threadripper 5000 (Chagal)N/ARyzen Threadripper 6000 (TBA)TBA
Mainstream Desktop CPUsRyzen 1000 (Summit Ridge)Ryzen 2000 (Pinnacle Ridge)Ryzen 3000 (Matisse)Ryzen 5000 (Vermeer)Ryzen 6000 (Warhol / Cancelled)Ryzen 6000 (Raphael)TBA
Mainstream Desktop APURyzen 2000 (Raven Ridge)Ryzen 3000 (Picasso)Ryzen 4000 (Renoir)Ryzen 5000 (Cezanne)Ryzen 6000 (Rembrandt)Ryzen 7000 (Phoenix)Ryzen 8000 (Strix Point)
Low-Power MobileN/AN/ARyzen 5000 (Van Gogh) Ryzen 6000 (Dragon Crest)TBATBATBATBA

AMD Threadripper Chagall に対するIntelの対応については、今年後半に発売されるXeon Workstationのパーツはわずか38コアです。Emerald RapidsのHEDTファミリーとSapphire Rapidsアーキテクチャのワークステーションファミリは来年後半まで期待されていないため、レッドチームにはまだ2年以上のHEDT /ワークステーションスペースがあります。