Radeon RX 6000 RDNA 2GPU向けのAMD「ゲーミング超解像」技術が新しい特許に登場

(Source:wccftech)

AMDは、「Gaming Super Resolution」と呼ばれる新しいテクノロジーの特許を取得したばかりであり、RDNA2アーキテクチャに基づくRadeonRX6000シリーズグラフィックスカード用の今後のFiedilityFX超解像の機能セットの1つになる可能性があります。

AMDの「Gaming Super Resolution」はRadeonRX 6000 RDNA 2 GPUに間もなく登場するアップサンプリング技術?

AMDは、NVIDIA DLSSのライバルを立ち上げるためにほど良い時間をかけています。来月発売されるFiedilityFXスーパーレゾリューションについていくつか情報がありましたが、今のところ噂でしかありません。AMDはこれまでのところその技術の詳細を明らかにしておらず、AMDから(公式に)知っている唯一のことは、彼らがゲーム開発者と協力して、RDNA2搭載のRadeonRX6000シリーズグラフィックスカードに技術をすぐに導入しているという事です。


最新の特許では、AMDはGPU推論に基づいており、ディスプレイ上の画像を拡大して視覚的な忠実度を向上させる「Gaming Super Resolution」について説明しています。AMDはディープラーニングアプローチの採用についても話しますが、DL法で作成された結果の画像は色と詳細が失われると述べ、従来のアップサンプリング法では画像がぼやけるということも述べています。これに対するAMDのソリューションは、線形と非線形の両方の方法を利用して画質を維持し、それを改善することです。

AMDゲーミング超解像特許

[…]処理性能を向上させる超解像処理方法が提供されます。この方法は、第1の解像度を有する入力画像を受信し、線形アップスケーリングネットワークを介して入力画像をダウンサンプリングすることによって入力画像の線形ダウンサンプリングバージョンを生成し、ダウンによって入力画像の非線形ダウンサンプリングバージョンを生成することを含む。非線形アップスケーリングネットワークを介して入力画像をサンプリングします。この方法はまた、入力画像のダウンサンプリングされたバージョンを、第1の解像度よりも高い第2の解像度を有する出力画像のピクセルに変換し、表示用の出力画像を提供することを含む。[…]

[…]デバイス100は、例えば、コンピュータ、ゲームデバイス、ハンドヘルドデバイス、セットトップボックス、テレビ、携帯電話、またはタブレットコンピュータを含むことができる。デバイス100は、プロセッサ102、メモリ104、ストレージ106、1つまたは複数の入力デバイス108、および1つまたは複数の出力デバイス110を含む。デバイス100は、任意選択で、入力ドライバ112および出力ドライバ114を含むこともできる。デバイス100は、図1に示されていない追加の構成要素を含むことができること。1.1。

様々な代替案において、プロセッサ102は、中央処理装置(CPU)、グラフィックス処理装置(GPU)、または別のタイプの計算アクセラレータ、同じダイ上に配置されたCPUおよびGPUなどの1つまたは複数のプロセッサを含む。 、または1つまたは複数のプロセッサコア。各プロセッサコアは、CPUまたはGPUまたは別のタイプのアクセラレータであることができる。たとえば、複数のプロセッサが1つのボードまたは複数のボードに含まれています。[…]

Eternity @ Beyond3Dフォーラム経由のUSPTO

また、Gaming Super Resolution技術は、RDNA 2がディスクリートグラフィックスカードだけでなく、最新のコンソールや今後のハンドヘルドデバイスにも電力を供給することを考えると、理にかなっているさまざまなデバイスを対象としていると述べられています。GSRがFSRの支部になるのか、それともまったく異なるテクノロジーになるのかは、今後の課題です。

そうは言っても、AMDは2.1リビジョンのNVIDIAのDLSSがDLSS 1.0に比べて大幅な改善を示し、現在および次世代のいくつかのAAAタイトルに実装されているのに対し、AMDはタイトルを発表していないため、早急にゲーミングタイトルを発表する必要があります。