Intelは、AlderLake-Sマザーボード用のより電力効率の高いATX12VO電源コネクタを標準化したいと考えています

(Source:wccftech)

ほとんどすべてのマザーボードは従来の24ピン構成を使用していますが、Intelは第12世代のAlder Lakeプラットフォームでは変更を加えたいと考えています。Intelは、ATX12VO電源コネクタをAlder Lake-Sマザーボードに標準化搭載したいと考えています。Videocardzへの匿名のヒントで、マザーボードと電源へのATX12VO電源コネクタの採用を概説したものが彼らに送られました。

Intelは、マザーボードと電源のメーカーが反対したとしても、ATX12VO電源コネクタを採用へ

ATX12VOは、正式には「シングルレール電源デスクトッププラットフォームフォームファクタATX12VO」電力規格として知られています。この電力供給を使用する利点は、従来の24ピンコネクタよりも効率的であるということです。テストによると、この新しいコネクタはアイドル時に電力を半分に減らすことができますが、電力効率の向上は、負荷が全負荷まで増加するほど重要ではありません。このための要件は、適切な10ピン電源コネクタと互換性のある電源を備えたマザーボードです。これがマザーボードの設計にとって意味することは、10ピン電源コネクタには12V電源レールしかないということです。つまり、その12Vレベルより上または下の電圧は、マザーボードによって変換する必要があります。全体、ATX12VO電源コネクタの採用により、より複雑なマザーボード設計が実現し、電力効率が向上します。

Videocardzは独自の情報源でこれを確認するために取り組み、IntelがAlderLake-SマザーボードでのATX12VO電源コネクタの採用を積極的に追求していることを発見できました。ただし、Intelはマザーボードと電源の両方のメーカーから多くの抵抗に直面しています。ATX12VOコネクタの広範な実装により、マザーボードの設計がより複雑になり、電源の製造にさらに多くの手順が追加されます。このメモは、必要なマザーボードと電源が販売できるようになるまでに4〜5か月かかることを示しています。それは今年の9月に用意される事を含んでいるようにも思えます。

ATX12VO電源コネクタは、多くのハイエンドマザーボードには見られない可能性がありますが、最高の電力効率を得るために、構築済みシステムで使用される予算およびエントリーレベルのマザーボードへの道を見つけ始める可能性があります。ATX12VO電源コネクタにはいくつかの大きな利点がありますが、広く受け入れられるまでには間違いなく時間がかかります。