Intel Alder Lake-S 8+8 Core&Alder Lake-P 6+8 Core10nmデスクトップおよびモバイルCPUダイ

11th Gen Intel Core desktop processors (code-named “Rocket Lake-S”) deliver increased performance and speeds. Intel launched the processors on March 16, 2021. (Credit: Intel Corporation)

(Source:wccftech)

Rocket Lakeが正式にリリースされたことで、デスクトップとモバイルの両方のセグメントに登場するIntelの次世代Alder Lake CPUプラットフォームに注目が集まっています。公式および非公式の両方のソースからの次世代CPUに関する情報はすでにいくつかあり、この情報を使用して、TwitterユーザーのInstLatX64は、AlderLake-SおよびAlderLake-P CPUダイのモックアップ(ブロック図)を作成しました。

Intel 10nm Alder Lake CPUダイ、Alder Lake-S 8 +8およびAlderLake-P 8 + 6 SKUがモックアップブロック図で視覚化

作成されたブロック図には、AlderLake-SおよびAlderLake-Pが含まれています。Alder Lake-S CPUはデスクトッププラットフォームをターゲットにし、AlderLake-Pはモバイルプラットフォームをターゲットにします。IntelのトップAlderLake CPU SKUは、8 + 8ダイ構成を特徴とし、16スレッドの8つのGoldenCoveコアと8スレッドの8つのGracemontコアを備え、SKUは合計で16コアと24スレッドになります。以下は、Intelの2021アーキテクチャラインナップから期待できるアップデートの一部です。

Intel Golden Cove (Core) Architecture

  • シングルスレッドパフォーマンス(IPC)の向上
  • 人工知能(AI)のパフォーマンスを向上させる
  • ネットワーク/ 5Gのパフォーマンスを向上させる
  • 強化されたセキュリティ機能

Intel Gracemont (Atom) Architecture

  • シングルスレッドパフォーマンス(IPC)の向上
  • 周波数の改善(クロック速度)
  • ベクトルのパフォーマンス向上

Alder Lake-S CPU 8 + 8 CPU SKUを見ると、8つのGoldenCoveコアが32KB(L1I)および48 KB(L1D)のキャッシュ(コアあたり)を備えているように見えます。各CPUコアは1280KBのL2キャッシュ、合計10 MBのL2キャッシュも備えていますが、L3キャッシュはコアあたり3072KBまたは合計24MBになります。

Intel Alder Lake-S 8+8 (16 Core / 24 Thread) CPU Block Diagram Mockup By InstLatX64

Gracemontコアに移り、64 KB(L1I)と32 KB(L1D)のキャッシュを備えた各コアを見ていきます。Intelは、L2キャッシュとL3キャッシュを、それぞれ4つのGracemontコアで構成される2つのスライスに分割します。2048KB L2キャッシュまたは合計4MB L2、3072KB L3キャッシュまたは合計6MBを備えています。これにより最上位のSKUには合計30MBのL3キャッシュと14MBのL2キャッシュが搭載されます。以下は、IntelのAlder Lake CPUのキャッシュサブシステムの正確な内訳です​​。

Golden Cove Cores

  • 32 KB (L1I) Per Core
  • 48 KB (L1D) Per Core
  • 1280 KB (L2) Per Core
  • 3072 KB (L3) Per Core

Gracemont Cores

  • 64 KB (L1I) Per Core
  • 32 KB (L1D) Per Core
  • 2048 KB (L2) x 4 Cores
  • 3072 KB (L3) x 4 Cores

Intel Alder Lake 12th Gen big SMALL CPU Configs

CPUBig Cores 'Cove' ArchitectureSmall Cores 'Atom' ArchitectureGPU Tier
8+8+188GT1
8+6+186GT1
8+4+184GT1
8+2+182GT1
8+0+180GT1
6+8+268GT2
6+8+168GT1
6+6+266GT2
6+6+166GT1
6+4+264GT2
6+4+164GT1
6+2+162GT1
6+0+160GT1
4+8+248GT2
4+0+140GT1
2+8+2.528GT2.5
2+8+228GT2
2+4+224GT2
2+0+220GT2
2+0+120GT1
1+4+1.514GT1.5
1+4+114GT1

Intel Alder Lake-P Series SKUs

Intel Alder Lake Pシリーズは、U15、U28、およびH45を備えています。U15、U28、およびH45の電力定格は、それぞれ15W(12 / 20W)、28W(20W)、および45W(35W)です。U15シリーズには、最大2つのビッグコアと最大8つのスモールコアが付属します。U28シリーズには、最大6つのビッグコアと最大8つのスモールコアが付属します。

Intel Alder Lake-P 6+8 (14 Core / 20 Thread) CPU Block Diagram Mockup By InstLatX64

H45シリーズには、最大6つのビッグコアと最大8つのスモールコアが付属します。3つすべてが96のグラフィックス実行ユニットを備えています。Uシリーズは、TigerLakeプロセッサを搭載した主流のパフォーマンスラップトップに搭載される予定です。Hシリーズは、ポータブルゲーミングノートパソコンに搭載されているTigerLake-H35の直接の代替品のようです。

Intel Alder Lake-M Series SKUs

Intel Alder Lake Mシリーズは、電力定格がそれぞれ5W(最大7W)および9W(最大15W)のM5およびU9シリーズを備えています。M5シリーズは、1つのビッグコアと最大4つのスモールコア、および最大64のグラフィックス実行ユニットを提供します。U9シリーズは、最大2つのビッグコアと8つのスモールコア、および最大96のグラフィックス実行ユニットを提供します。スライドは、これらがタブレットや超薄型ラップトップで使用されることを示しています。

Intel Alder Lake-M 1+4 (5 Core / 6 Thread) CPU Block Diagram Mockup By InstLatX64

Intel Alder Lake CPUラインナップは、今年後半にデビューする予定であり、Rocket Lakeに対して20%のIPC改善を特徴とし、AMDのZen 4 CPUアーキテクチャに対して競争力のある位置に置かれるはずです。第12世代デスクトッププラットフォームとモバイルプラットフォームの両方にもたらされるアーキテクチャ、IO、およびプラットフォームの機能強化について詳しく知ることができます。