IntelのRajaKoduriが、電源投入の準備ができた2タイルIntel Xe HPCGPUのフルダイショット

(Source:wccftech)

IntelのチーフアーキテクトであるRajaKoduriが、IntelのXe HPC GPU(非公式にはArctic Soundとして知られている)の最初のダイショット、特に2タイル製品を発表しました。パッケージの内部と実際のダイを見るのは初めてであり(正確な画像はIntelによって陰影が付けられているように見えますが)、EUクラスター、キャッシュ、およびメモリをはっきりと見ることができます。

Intel 8192コアを備えた大規模なXe HPC2タイルGPUを披露

巨大なパッケージは、それぞれが128個のEUを持つ16個のクラスター、合計1024個のEUと8192個のコア(または必要に応じてALU)を備えています。最後に、Intel Graphics 12.5アーキテクチャに基づいており、21.1TFLOPの馬力で1290MHzでクロックされると聞きました。また、これがすべてではなく2048EUまたは16384コアの膨大なコア数と42TFLOPのグラフィックス馬力を備えた4タイルパッケージも作品に含まれています。

Rajaはまた、この写真で「7つの高度なテクノロジー」を見ることができることを明言しています。HBMメモリを推測するのは危険ですが、残りはまだわかりません。Intelの当初の計画によれば、Intel HPC 2タイルGPUは7nmプロセス(計算タイル)で作成されます。

Intelは本日DG1OEM専用グラフィックスカードも発売しました。DG1はIntelがハングアップしたときに将来の補助輪として機能することを目的としたエントリーレベルのカードにすぎないことを考えると、将来がどうなるかを伝えたかったようです。ディスクリートGPUの出荷 同社はこれまで、2020年のArchitecture Dayの期間中、驚異的な結果とほぼ完璧なスケーリングで最大4タイルのライブのベンチマークを実施しました。

IntelのさまざまなMCMベースのXeHP GPUの実際のEUカウントと、推定コアカウントおよびTFLOPは次のとおりです。

  • Intel Xe HP(12.5)1タイルGPU: 512 EU [Est:4096コア、12.2 TFLOP、1.5GHz、150Wを想定]
  • I ntel Xe HP(12.5)2タイルGPU: 1024 EU [Est:8192コア、1.25 GHzを想定した20.48、TFLOP、300W]
  • Intel Xe HP(12.5)4タイルGPU: 2048 EU [Est:16,384コア、1.1GHzを想定した36TFLOP、400W / 500W]

Intelがグラフィックス市場で足場を固めることに真剣に取り組んでおり、そこで大きな前進を遂げていることは明らかです。Intelの指揮をとるPat GelsingerとチーフアーキテクトとしてのRajaにより、Intelは才能に関しては完全に準備が整っており、その約束を果たすためのリソースをすでに持っています。