Intel Core i9-11900K「Rocket Lake」フラッグシップ8コアCPUベンチマークでAMDの12コアRyzen5900Xを打ち負かす!

(Source:wccftech)

IntelはCES2021でRocket Lake S CPUをいくつかのゲームベンチマークセッションを私たちと共有して、誇大広告に勢いをつけました。Rocket Lakeは、同社の最初のPCIe 4.0メインストリームプラットフォームであり、Skylakeの数え切れないほどの反復からの大きな一歩となります。情報筋によると、プラットフォームは2021年3月にリリースされる予定ですが、その前に、共有できるゲームパフォーマンスがあります。

Intelの「Rocket Lake S」Core i9-11900kは、ゲームパフォーマンスの獣であり、AMDの5900Xを打ち負かす

ご覧のとおり、IntelのRocket Lake CPU、正式にはCore i9-11900kは絶対的な獣です。それ自体は8コアの問題ですが、ゲームのパフォーマンスにおいてAMDの最新世代のRyzen 5900X の12コアプロセッサと完全に一致するだけでなく、実際にはわずかな差で上回っています。他のファーストパーティのベンチマークと同様に、独立したテストが終了するまで一情報として考えてください。ここで起こっていることは驚くべきことではありません。ゲームはパフォーマンスの点でクロックレートに大きく依存し、Intelの14nmは、最大5.3 GHzをクロックできる非常に成熟したプラットフォームです。

Intelがカバーしたゲームベンチマークには、Total War:Three Kingdoms、Gears of War 5、Metro Exodus、Cyber​​punk 2077、Watchdogs:Legion、Farcry:New Dawn、Assassin’s CreedValhallaが含まれます。すべてのゲームは1080pグラフィック設定でテストされ、CPUの機能を真にテストし、CPUを主要なボトルネックにしました。パフォーマンスの違いは、Total War(CPUを非常に集中的に使用するゲーム)の8%からAssassin’s Creed Valhallaの2%までの範囲です。全体として、IntelのCore i9-11900kは、AMDのRyzen 5900Xよりも4.4%高速です。

その後、同社は、旧世代のCore i9-10900kプロセッサ(Skylakeをベースにしています)と比較して、Rocket Lakeがもたらす世代の飛躍を示しました。以前のフラッグシップはHitman3で毎秒129フレームを記録しましたが、Core i9-11900kは毎秒最大140フレームを記録します。Intel自身のテストによると、平均すると、世代ごとのゲームの違いは約7%です。また、NVIDIA RTX 3080と組み合わせて、Rocket Lake Sプラットフォームで実行されています。Cyber​​punk 2077のデモを披露しました。パフォーマンスの数値は示されていませんが、ゲームはストリームでかなりスムーズに見えました。ここで重要なのは、Rocket Lake SがPCIe4.0を使用してSSDとGPUに直接アクセスできることです。これは、ゲームの将来において非常に重要な機能になりつつあります。ゲームはすでにアセットストリーミング技術を使用して設計されており、これはハイエンドゲーマーにとって必須の機能になります。

関連記事