Intel Rocket Lake Corei9-11900K フラッグシップのCPUZベンチマークがリーク

(Source:wccftech)

Intelは、Skylakeベースではない最初のアーキテクチャを10年の大部分で展開する準備を進めており、リークが少しづつされ始めています。Intelの次期500シリーズチップセットの新しいブランドはVideocardzによりリークされ、Rocket LakeのフラッグシッププロセッサはCPUZの700シングルコアスコアの障壁を打ち破りました。また、数日前に取り上げたベンチマークでAMDのZen3を打ち負かしました。

Intel Core i9-11900K Rocket Lake CPUは、新しいCPUZシングルコアレコードを更新し、Z590、B560、およびH510チップセットのブランドが明らかになりました。

新しいブランドは次のとおりです。

Videocardzの画像提供

次のスクリーンショットはChiphellでリークされ、IntelのRocket Lakeフラッグシップによって設定された新しいスコアを示しています。CPUが700ポイントを突破したのもこれが初めてです。Intel Core i9-11900Kは、シングルコア側で706ポイントを達成します。これは、x86プロセッサで最も強いシングルコアスコアです。これはまた、同社が長年楽しんでいたシングルスレッドのリードを取り戻したことを意味します。

Twitterユーザーの@ harukaze5719も、比較を容易にするためにベンチマークをコンパイルしました。AMDの最新のZen3アーキテクチャとの比較を確認できます。

IntelのRocket Lakeプロセッサは、最大8コアを搭載し、50%多くの統合グラフィックスパワーを備えています。RKL-Sは14nmプロセスに基づいていますが、古い世代とは異なり、Cypress Coveと呼ばれるSunny Cove(Ice Lake)アーキテクチャに基づいてアーキテクチャが刷新されています。これは基本的に10nm(非SuperFin)から14nmのバックポートです。PCIe4.0のサポートとXe12世代のグラフィックスが追加されています。

14nmプロセスに基づいているため、リークされたベンチマークは、最大5.0 GHz(現在の高度に成熟したプロセスで一般的)までブーストできることを示しており、新しいアーキテクチャで可能な両方の状況の最良のものを可能にします。非常に成熟したノードのために(クロック速度の観点から言えば)壁にぶつかります。

Rocket Lake Sは、20個のCPUベースのPCIe 4.0レーン(前世代より4つ多い)を備えており、PCIe 4.0標準をサポートする最初のメインストリームのIntelアーキテクチャであり、現在同社のラインナップでは欠けているものです。これは、AI関連のワークフローを大幅に高速化する新しいディープラーニングブーストとVNNIサポートを備えています。また、超高速USB速度のための新しいUSB 3.2 Gen 2×2標準を備えており、Intelの第12世代XeグラフィックスiGPUを備えています。Xe Graphicsは、4:4:4 HEVCやVP9などのハイエンドビデオデコーダーのサポートを導入し、最大3x4k60のディスプレイ解像度を可能にします。統合メモリコントローラーは、オーバークロックなしで最大DDR4-3200の速度をネイティブにサポートするようになりました。

RKLは非常に長い間、最初の主要な新しいアーキテクチャになるため、これは愛好家にとって素晴らしいニュースです。ただし、Willow CoveではなくCypress Coveをベースにしているという事実は、Intelが2桁になることをすでに確認しているにもかかわらず、期待していた25%以上のIPCが表示されないことを意味します。主要な新しいアーキテクチャと組み合わせた5.0GHzブーストクロックは、非常に長い時間でIntelのお客様のパフォーマンスアップグレードに最適な組み合わせを提供するはずです(ただし、同様のTDPが必要です)。